藤圭子の死因は?写真あり!統合失調症だった?場所は?

Pocket

宇多田ヒカルさんの亡くなった母親、藤圭子さん。

何故亡くなられたのかは私は全く知りませんでした。藤圭子さんについていろいろまとめていこうとおもいます。

藤圭子

めちゃくちゃ綺麗な方ですね。これは若い頃の写真でしょう。

 

プロフィール

藤圭子さん。宇多田ヒカルの母親で『なんだか凄い人』ってのは知っていますがなにが凄い人かはわかりませんでした。

スポンサーリンク

名前:藤 圭子(ふじ けいこ)
本名:宇多田 純子(うただ じゅんこ)
生年月日:1951年7月5日
没年月日:2013年8月22日(62歳没)
出身:岩手県一関市

宇多田って本名だったんですね。

 

藤圭子の生い立ち

藤圭子さんは波乱万丈な人生をおくられています。人生を紹介するには文章では足りなすぎる濃い人生だったとおもいます。

父は浪曲歌手の阿部壮さんで、母は三味線瞽女の竹山澄子さんであり、幼い頃から門付に同行し旅回りの生活を送っていました。転々としながらも勉強好きで成績優秀だったものの貧しい生活を支えるために、高校進学を断念してしまいます。

貧乏で小さい頃より苦労をしてきた藤圭子さん。そんな藤圭子さんに17歳で転機が訪れます。岩見沢で行われた雪祭り歌謡大会のステージで歌う姿がレコード会社の関係者の目に留まり、上京することとなりました。

上の写真は右が藤圭子さん左は実の母で三味線瞽女(しゃみせんごぜ)の竹山澄子さん。ごぜとは女性の目が見えない芸能者のことを言うようです。竹山澄子さんは盲目だったんですね。

それから約1年間、初代林家三平さん宅に下宿をしていました。それからまもなくした、1969年9月25日、RCAレコードより「新宿の女」でデビューを果たします。以後、作詞家の石坂まさをさんと組んでヒット曲を連発することとなり、ドスの効いた声が可憐な風貌とのギャップも相俟って当時の社会に衝撃を与える存在となりました。

宇多田ヒカルさんと一緒でお母さんもかなりスター性のあるかたなんですね。

ファーストアルバム「新宿の女」は20週連続1位間を置かずリリースされたセカンドアルバム「女のブルース」は17週連続1位を記録、計37週連続1位という空前絶後の記録も残しています。しかしその以後は不幸が続き、1971年には当時ともに絶頂期であった内山田洋とクール・ファイブのボーカル前川清さんと結婚するものの、すれ違いが重なり、翌1972年には離婚してしまいます。

このころからかなりヒットを飛ばしスターとして人生を歩まれていたのですね!そして宇多田照實さんと出会うまでに結婚経験があったんですね。

そして、1974年には喉のポリープの手術を受け、かつてより歌に幅がなくなったことを悔やみ、引退を考え始めます。その後、最愛の母を父のDVから守るために離婚させ、それを契機に引退を発表します。

そんな藤圭子さんは実は浪費家であるということでも有名で、芸能界の中でも極めて金遣いが荒く、5年間ファーストクラスで世界中を旅行したり、滞在先のカジノでギャンブルやホスト遊びをするなどもしていたそうです。生前のインタビューでは、5年間で遣った金額は5億円にも上ると豪語する程でした。藤圭子さんの意外な素顔ではありますが芸能界ではかなり有名な話だったそうです。

上の画像は引退会見をする藤圭子さんです。浪費化なのですね、でもその分歌手として稼いだ金額も半端ないのでしょう。貯めるよりもお金を使うほうがよっぽどいいと思います経済を回しますしw

 

藤圭子と宇多田照實の出会い

宇多田ひかるさんのお父さんである宇多田照實さん。下の名前はてるさねと読むようです。昔の将軍みたいでかっこいい名前ですよね。

1982年、宇多田照實さんと結婚。当時の宇多田照實さんは素性が明らかでなく藤圭子さんのマネージャーになるまでは何をしていたかは謎だそうです。

その為、宇多田照實さんには収入が一切なく、藤圭子さんの貯金を切り崩し生活していたとか。そして、この夫婦の特徴的な行動として、なぜかはわかりませんが、何度も離婚と再婚を繰り返しています中には離婚をしてから2週間後に復縁するなどもありました。

いわゆるヒモというやつでしょうか?てっきり宇多田照實さんもかなりの大御所だとおもってましたがそうでもなかったようですね。

私の独断と偏見ですが、何度も離婚や再婚をくりかえしているこの二人はお互いの距離感が分からなかったのかな?と思います。お互いの程よい距離が分かればうまくいったのかもしれませんね!

 

藤圭子の突然の死、死因は?

スポンサーリンク

藤圭子さんの死は病気などではなく突然でした。詳しくみていきましょう。

2013年8月22日午前7時頃、藤圭子さんは、、東京都新宿区のマンションの前で倒れているのが発見され、搬送先の病院で死亡が確認されました様々な病気を患っていた藤圭子さんですが、死因は病気ではなく自殺でした

遺書など見つかっていないものの、衣服の乱れや争ったような跡がないことなどから、新宿警察署によって飛び降り自殺を図ったと断定されました。

その時に報道された写真がこちらです。藤圭子さんは精神的な病も抱えていたと噂になっています。

実際に、藤圭子さんは過去2006年に米ニューヨークのJFK国際空港で米国司法省麻薬取締局により、42万ドルもの多額の現金を没収されたという騒動がありました。麻薬捜査犬による探知後に、現金から微量の違法薬物が検出されたため、「現金は麻薬取引に使う、もしくはすでに使われた」と結論付け、現金を没収されたのそうです。

しかし、藤圭子さん知る関係者は覚せい剤などには手を出していないとはっきりコメントしています。ただ、鬱病の睡眠薬などは処方されていたのだそうです。この鬱病の薬は医師の指示を守らなかったり、過剰に服用すると自殺願望を強めてしまうことがあるのだそうです。そういったことから薬のせいでの自殺ではないかという噂は現在でもまだ続いています。

どうしてもこうゆう小さな出来事が切っ掛けになって大きな噂になってしまいます。周りの人々がキッパリと否定していることから覚せい剤などの薬物使用はないと言っていいでしょう。

 

藤圭子が自殺した場所

某アプリで藤圭子さんが亡くなられた場所が3~4日後には反映されていると話題になっていました。

場所は新宿

このアプリのビジネスとしては対応がはやくとても素晴らしいことだとは思うんですが…。う~んなんとも言えない気持ちになってしまいます。

 

藤圭子は統合失調症だった?

ネット上で「藤圭子さんは統合失調症だったのでは?」との噂がながれていましたが、この噂はほんとうなのでしょうか?

宇多田が語ったのは、藤さんの病気について。「母はとても長い間、精神の病に苦しめられていました」と告白し、ハッキリと病気だったことを認めたのだ。さらに宇多田は「幼い頃から、母の病気が進行していくのを見ていました。

症状の悪化とともに、家族も含め人間に対する不信感は増す一方で現実と妄想の区別が曖昧になり、彼女は自身の感情や行動のコントロールを失っていきました」と明らかにした。

これは宇多田ヒカルさんが語っているようです。明確に統合失調症とは発言していませんが。人への不信感や、現実と妄想の区別がつかなくなるなどの症状がそれっぽいですよね。

 

統合失調症とは?

 

統合失調症、漫画に取り上げられたりしてよく知っている人もいるかもしれませんが、改めてどんな病気なのかみていきましょう。

統合失調症は4段階に分かれた症状がでるようです。

 

1.前兆期

前兆期は発症の前触れのサインが現れる時期です。

眠れなくなったり、物音や光に敏感になったり、あせりの気持ちが強くなったりします。これらは誰もがよく経験することです。その為、本人も周りの人も気づかないケースが多くあります。

健康な人でもこれらの症状がある人はいるでしょう。前兆期で気づくのは難しそうですね。

 

2.急性期

急性期は妄想や幻覚など、分かりやすい症状が目立つ時期です。

前兆期に続いて現れるのが急性期です。不安や緊張感、敏感さが極度に強まり、幻覚、妄想、興奮といった統合失調症特有の陽性症状が目立ちます。幻覚や妄想に襲われて頭の中が混乱し、周囲とのコミュニケーションがうまくとれなくなります

統合失調症と聞いてこれらの症状を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?どうしてもこの急性期の症状がインパクトがつよく恐怖心を抱く人もいますよね。

 

3.休息期

休息期は感情が平たくなりやる気などがなくなる時期です。

嵐のような急性期が過ぎると、感情の起伏がとぼしくなり、無気力で何もしなくなるなどの陰性症状が中心の休息期に入ります。いつも寝ていたり、引きこもったりします。この時期は不安定な精神状態にあり、ちょっとした刺激が誘因となって、急性期に逆戻りしやすい時期でもあります。

藤圭子さんはたぶんこの時期と急性期を行ったり来たりしていたのではないでしょうか?

 

4.回復期

回復期は少しずつ症状が和らいでだんだん治っていく時期です。ただ認知機能障害がでることも…

症状が徐々に治まり、無気力な状態から脱していきます。ただし、この時期には認知機能障害が現れることがあり、その後の生活上の障害や社会性の低下へとつながっていく場合があります

と、4つのステージを紹介しました。4つもステージがあり、それぞれ全く違う症状になるのは初めて知りました。もし身近に統合失調症の人がいたら今までよりも少し寄り添ってあげられるかなとおもいます。

 

藤圭子さん安らかに

藤圭子さんの死因や、病気について調べてきました。病気については医師が診断結果を発表しているわけではないのではっきりとは断言できませんが、統合失調症「だろう」と思っています。

今まで藤圭子さんが歌うことで何人の心の支えになってきたか、そして、宇多田ヒカルさんを産みそこでもたくさんの人に夢や希望を与えてきたのは疑いようもない真実です。

どうか安らかにお眠りください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)