やくみつるはかつらをカミングアウトした?ハゲ画像はある?

タレントや漫画家として多くのメディアに出演しているやくみつるさん。1959年に東京都で生まれた現在59歳です。

早稲田大学の商学部を卒業という高学歴の彼は、1981年にはた山ハッチという名前で、「まんがタイム」で漫画家としてデビューしました。その後野球4コマ漫画「パロ野球ニュース」など数々の漫画執筆を経て、やくみつるという名前で「やくみつるのガタガタ言うゾ!」などの時事ネタ4コマ漫画の執筆を始めます。

1994年には彼の代表作でもある「しんぶん赤旗」の日曜版で連載している『やくみつるの小言・大事』の執筆を始めました。

スポンサーリンク

その連載をきっかけに、テレビ番組のコメンテイターとしても活躍。現在では、【漫画家・やくみつる】よりも【タレント・やくみつる】として認識している方も多いのではないでしょうか?

そんなやくみつるさんですが、よく耳にする噂と言えば「かつらではないのか?」というかつら疑惑。今回は、漫画家だけでなくタレントやコメンテーターとしても活躍しているやくみつるさんの、かつら疑惑について徹底解明していきましょう。

 

やくみつるをかつらをカミングアウトした?

やくみつるさんと言えば、思い浮かぶのはハンチング帽ではないでしょうか。メディアに出るときはいつもハンチング帽をかぶっており、髪の毛が見えないため「ハゲているのではないか?」「カツラではないのか?」という噂が出ています。

確かに、メディアに出演する時にはいつもハンチング帽をかぶっており、やくみつるさんの地毛を確認することができません。

ハンチング帽をトレードマークにメディア露出を続けていたやくみつるさんですが、2010年に自身のインタビューにてこう語っています。

「さまぁーず主演の『かずら』という映画を見たことです。三村マサカズさんが頭髪を気にする男性役で、思いを寄せる女性に”装着”して愛を伝えるというストーリー。恋人役の芦名星さんの「気にしなくていいのに。被ってても被ってなくてもあなたが好きよ」というセリフで、ためらっている自分がアホらしくなりましてね。

また、番組で共演した芸能人からはこのような発言も。

『クイズタイムショック』のスペシャルで、やくみつると共演してしまった品川(品川庄司)は「最初はしゃべり出したとき、笑っていいのかわからなかったです。ドキドキしちゃった」と番組中語り、また、伊集院光はラジオで「やくみつるさんは芸能人じゃなくて文化人だし、増毛につっこんでいいのかわからなくて非常に困っている」

とぼやいていたそうです。

 

やくみつるのかつらの画像はある?

やくみつるさんは、上記の発言をした2010年前後からトレードマークであるハンチング帽をやめ、地毛でメディア出演をするようになりました。

やくみつるさんは、「カツラではないのか?」との噂がありますが、実際にカツラということが分かる写真はありませんでした。またカツラだったと分かる写真もなかったので、薄毛をハンチング帽で隠していた可能性もあります。

 

やくみつるのハゲ画像はある?

やくみつるさんは「ハゲているのではないのか?」との噂がありますが、実際にその写真はあるのでしょうか?

ネット上にはやくみつるさんのハゲている画像はありませんでした。

薄毛が分かるものもほとんどなかったので、ハンチング帽で薄毛を隠していたのでしょう。

 

やくみつるのかつらはスヴェンソン式増毛法との噂は本当か?

やくみつるさんは、その職業でもある漫画でSVENSON MEN’S SVENSONのホームページで『スヴェンソン式増毛あるあるっ!!」という漫画を描いています。

スポンサーリンク

なんと、やくみつるさんはスヴェンソン式増毛の漫画を描いているだけではなく、愛用しているというのです。

HPだけではなくCMも放送されているスヴェンソン式増毛。そもそも、スヴェンソン式増毛とは何なのでしょうか?スヴェンソン式増毛の最大の特徴は、確実に薄毛の見た目をなくし、毛を増やすという「増毛法」です。

「スヴェンソン式増毛法」と言われる特許を取得しているため、多くの愛用者がいるようです。ここで、スヴェンソン式増毛の増毛方法をご紹介しましょう。

スヴェンソン式増毛は、

①頭に円を描くように土台を編み込む

②そこにカツラを糸で固定する

という方法のようです。スヴェンソン式増毛の特徴は、その強度。

しっかりと固定され、髪の毛がズレるということや外れるといった心配をしなくてすみます。カツラの煩わしさを取り除いたのが、スヴェンソン式増毛なのです。

ここで1つ注意点。スヴェンソン式増毛は、AGA治療のように薬を使っていないため、もともと薄かった自毛を増やして薄毛が改善できる方法ではないことを認識しておきましょう。

AGA治療は薬を使うので、薄かった自毛を増やして薄毛が改善できるというメリットがあります。具体的に、AGA治療とスヴェンソン式増毛はなにが違うのでしょうか?

実際に、AGA治療を受けた人の意見をピックアップしてみましょう。

・AGA治療を受けたけど、思っていたよりも効果が少なかった

・AGA治療は薬を使っているため、副作用が気になる

・とにかく増毛したい、即効性重視

このような意見があります。AGA治療と違って、スヴェンソン増毛法は薬を使用していません。

ですので、スヴェンソンなら副作用の心配をすることなく、自毛と差がない自然な見た目が実現できます。満足感満載で、日常生活を送ることができるのが最大の特徴と言えるでしょう。

スヴェンソン式増毛は、編み込み式。一般的に、カツラの装着方法は

・金具で固定する

・両面テープで止める

・接着剤で止める

など、その人の毛の状態や、カツラの種類によって変わってきます。スヴェンソンの中にも様々な装着方法は存在しますが、その中でも一番人気なのが「スヴェンソン式増毛法」なのです。

カツラの一番の弱点とも言われている水や風。スヴェンソン式増毛なら、カツラがずれることもありませんし、24時間つけっぱなしで過ごしても大丈夫なのです。地毛と同じ日常生活を送ることができます。

そして、気になるのがその費用。カツラは消耗品ですので、少なくとも日常生活におけるシャンプーや風、寝ているときの摩擦でダメージはあります。しかし、スヴェンソンではカツラの販売はしていません。

全部リースの完全定額制になっているため、カツラの費用や修理費用は元々含まれています。もしもカツラが破損してしまっても、新たにカツラを購入する際の費用もいらないのです。

やくみつるさんご自身も愛用しているということですから、芸能界でもその即効性と自然な見た目で大人気になりそうですね。

 

いかがでしたか。

ハンチング帽が目印だったやくみつるさん。そんなやくみつるさんも近年ではぼうしをかぶっているすがたを見ることの方が珍しくなってきました。

髪の毛は悩みのタネのひとつです。それを改善するだけでも自分自身の自信につながりますし、気の持ちようが軽くなるでしょう。

コメンテーターとして活躍する一方で、本来の職業である漫画を描くことでこのスヴェンソン式増毛を分かりやすくユーザーに伝えているのはとても素晴らしいことですし、実際に経験した本人だからこそ感じることを生の声で届けることができるため、双方にとってもウィンウィンの情報です。

「カツラではないのか?」との噂もあったやくみつるさん。これまでのようにコンプレックスを隠すことなく、むしろ包み隠さず経験を発信しているその器量の大きさに驚かされます。

今後もコメンテーターとしての辛口コメントやユーキャンの審査員として、そして本来の職業である漫画家としてのやくみつるさんの活躍に期待です!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)