土屋アンナは太もものタトゥー消した?そもそも本物?画像ある?

タレントとしてだけではなく、モデルや歌手、そして女優としてマルチな活躍をしている土屋アンナさん。

1984年生まれの今年34歳で、1998年自身が14歳の時に雑誌『SEVENTEEN』の専属モデルに抜擢されます。当時モデルをしていたお姉さんからの紹介を受けモデルを始めた土屋アンナさん。

その後は高い身長とその美貌を活かしテレビや広告、ファッションショーやCMなどジャンルを問わず活動の場を広げていきました。自身が18歳の時にはロックバンド「SpinAqua」のボーカルとして歌手デビューを果たすと、その後NHKのテレビ番組『NHKイタリア語会話』にレギュラーとして出演。

スポンサーリンク

そして、土屋アンナさんの転機とも言える女優デビュー作品『下妻物語』に、初演技でありながら、深田恭子さんとともにW映画主演を果たしました。この作品で土屋アンナさんは、日本アカデミー賞新人賞・助演女優賞、ブルーリボン賞最優秀新人賞をはじめとする2004年度の映画名誉を8つ総ナメするなど、話題となりました。

その後も映画をはじめ数々の作品に出演するなどそのマルチな才能で活動の場を広めていきました。

プライベートでは、2004年に同じ事務所のジョシュアさんと結婚・妊娠を発表。その年に長男の澄海(スカイ)くんが誕生しました。

また、それにともなって自身がボーカルを務めていたバンド「SpinAqua」は1年7か月の活動を終了しました。

2005年にはソロシンガーとして活躍しています。2006年には、結婚後2年を経て離婚。2009年には、スタイリストの菊池大和さんとの結婚・妊娠を発表し、翌年には次男の心羽(シンバ)くんを出産します。

2012年、扁桃炎にかかり、医師から絶対安静を告げられます。自身が歌手として出演予定だった撮影・収録・イベント等は出演延期となりました。約1週間後、自身のブログで復帰を報告します。

そして2016年には2番目の夫である菊池大和さんとの離婚を発表、約半年後には一般男性の子どもを妊娠したことを発表します。第3子出産後、2018年にはさらに第4子を妊娠したことを発表しました。

いまではママタレントとしても活躍している土屋アンナさん。モデルとしても活躍している彼女ですが、ネットでは「タトゥーが入っているの?」「どんな模様?」と話題になっているようです。

今回は、そんな土屋アンナさんのタトゥーを詳しく見ていきましょう。

土屋アンナは太ももに本物のタトゥーが入っている?画像はある?

土屋アンナさんの体には、タトゥーが入っています。その箇所は、太ももから腰にかけてと、両太ももです。

土屋アンナさんのプライベート写真を見ると分かりますが、腰から太ももにかけて大きなタトゥーがあるのが確認できます。
その存在感に圧倒される、という印象を持った方もいるのではないでしょうか。ここでは、土屋アンナさんの体のタトゥーの意味を1つ1つ見てみましょう。

蛇と蓮の花

太ももから腰にかけて入っているタトゥーは、動物の蛇と、蓮の花。動物の蛇には「再生」「知恵」「生命のエネルギー」という意味があります。
また、蓮の花には「汚い世の中でも強く生きる」という意味があります。

鳳凰

その大きさが特徴的な脇腹のタトゥーは、鳳凰が描かれています。鳳凰には、「無限」「再生」といった意味があります。
2度の離婚や3度の再婚を経験してきた土屋アンナさん。シングルマザーとして子どもを育ててきた、という過去もあり「やり直したい」「強く行きたい」という願いから、蛇や蓮の花、鳳凰を体に刻んでその意思の強さを表したのではないでしょうか。
土屋アンナさんらしいですね。

土屋アンナは太もものタトゥーを消したと噂に?

インパクトのある大きさや柄が特徴の、土屋アンナさんのタトゥー。モデルとして活躍しているということもあり、水着や短めのスカートやパンツを着る機会も多いでしょう。

スポンサーリンク

露出も高くなるモデルですから、太ももと脇腹に大きなタトゥーがあれば、洋服よりも目立ってしまうかもしれません。職業柄、バラエティに出演する際も流行りの洋服を着たりセクシーな洋服を着たりする機会も多いでしょう。

この写真では、土屋アンナさんの特徴的なタトゥーが消えています。このほかにも、広告や雑誌ではまっさらな皮膚をさらけ出しています。

これらは、編集でタトゥーを消しているという情報が濃厚です。タトゥーが入っている芸能人などが雑誌などで撮影を行うと、そのタトゥーは編集で消されていることがほとんどです。

Instagramなど土屋アンナさん個人が発信しているSNS内では特徴的なタトゥーは健在ですので、スポンサーや雑誌側の要望でタトゥーの部分だけ編集していることが考えられます。

TGCで土屋アンナの太もものタトゥーが話題に?

土屋アンナさんのタトゥーが世間に広がったのは、2017年9月2日(土)にさいたまスーパーアリーナで行われた東京ガールズコレクションではないでしょうか。この年、土屋アンナさんは、TGC常連である山田優さん(当時33歳)と、香理奈さん(当時33歳)と3人の同級生トリオでランウェイを歩きました。

3人とも長めのコートに赤い帽子、露出度高めの洋服に赤いロングブーツという奇抜でセクシーなファッションに身を包んで登場しました。会場は歓喜で溢れかえり、プロとしてまたTGCの常連としての意地を見せました。
しかし、そこで話題となったのは3人の豪華共演だけではありませんでした。土屋アンナさんの太ももの大きなタトゥーがあらわになっており、そこにも注目が集まったのです。
写真を見ればお分かりいただけるでしょうが、タトゥーがかなり目立っています。
途中、土屋アンナさんと山田優さんだけコートを脱いだ、ということもありその太ももの大きなタトゥーが余計に目立ってしまったのかもしれません。この写真を見て、今まで土屋アンナさんにタトゥーがあったことを知らなかった人も、これを機に知ることになりました。
最近ではタトゥーを公表している芸能人も多いので驚かないでしょうが、少し前の時代だったらタトゥー露出するだけで批難の対象になっていたかもしれません。
一概に「タトゥーが悪い」とは言えません。海外ではおしゃれ感覚で入れている人もたくさんいます。
しかし、日本ではまだまだタトゥー文化は浸透しておらず、タトゥーや入れ墨を入れている人は公共の温泉やプールに入ることもできません。タトゥーを入れるということは、それなりの覚悟もあるでしょう。
一概に「タトゥーは悪いもの」という考えを持つのも間違っているのかもしれません。

いかがでしたか。

数度の離婚と再婚を繰りかえし、過去にはシングルマザーとして子どもを育ててきた経験を持つ土屋アンナさん。

そんな彼女だからこそ、その強い意志を体に刻むことで自分自身をも勇気づけていたのではないでしょうか。

タトゥーには賛否両論ありますが、タトゥーを入れた動機や想いは人それぞれ。「タトゥー」と一括りにせず、その人の想いに耳を傾けることが大切です。

今でもバラエティ番組やランウェイで活躍している土屋アンナさん。最近では長男の土屋澄海(スカイ)くんとの共演でも話題となりました。

彼は将来モデルになりたいとのことなので、近い将来親子でランウェイを歩く様子を見ることができるかもしれません。土屋家の今後の活躍に期待です!

土屋アンナの息子が超絶イケメン!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)