大仁田厚の現在が顔いじりすぎ?変わった?嫁とは離婚した?

こんにちは!今回は、電流爆破マッチという過激なプロレスをすることで有名な「FMW」というプロレス団体の創始者でもある日本のプロレスラー大仁田厚さんについてまとめました。

大仁田厚のプロフィール!

大仁田厚さんのプロフィールを詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

 

お名前:大仁田 厚(おおにた あつし)

生年月日:1957年10月25日

年齢:60歳

出身:長崎県長崎市

身長:181cm

体重:77kg

出身校:瓊浦高等学校に入学するも中退。その後、日本一周徒歩旅行を計画。長崎県庁前から出発し神戸まで辿り着いたが、火事で家が全焼した知らせが入り断念した。41歳にして高等学校を再受験し合格。1999年4月、駿台学園高等学校定時制課程普通科第3年次編入学、2000年3月卒業。2000年4月、明海大学経済学部に入学したが1年で中退。2001年4月、明治大学政治経済学部経済学科(夜学)に入学国会議員、プロレスラー、タレントとして活動しながら大学に通い続け4年後卒業した。

経歴:1973年、日本一周徒歩旅行を断念後、ジャイアント馬場に憧れて全日本プロレスに入門。1974年4月14日の後楽園ホール大会における佐藤昭雄戦でデビュー。

1983年4月20日左膝蓋骨粉砕骨折をしてしばらく欠場、医師からは再起不能を宣告された。一度は復帰するも、かつてのような活躍は果たせず、1984年12月2日に引退を賭けてインターナショナル・ジュニアヘビー級王座に挑戦するも敗退

1985年1月3日に後楽園ホールで引退式が行われた。

その後、小松政夫に弟子入り。この時のタレント活動は長続きせずに辞めてしまう。その次は、事業家として一時成功するが、すぐ没落して借金まみれになり、土木作業員や配達員を経てジャパン女子プロレスでコーチに就任。1988年12月3日ジャパン女子後楽園ホール大会の浜田戦で現役復帰した。

1985年に初めて引退してから何度も復帰と引退を繰り返しており、2018年9月28日、ファイトマネーを貰わないボランテァレスラーとしてだが7度目の現役復活を宣言した 。

2001年7月29日に実施された第19回参院選に比例区で出馬、46万票あまりを獲得し見事初当選

2007年6月23日、次期参議院選挙に不出馬、政界引退を表明。

2012年に現役プロレスラーとしてヘルパー2級を取得。

2015年10月、千葉県袖ケ浦市長選挙への立候補を検討していることを表明したものの、その後断念している。

2018年4月15日、佐賀県神埼市長選に無所属で出馬したが落選した。

芸能活動も積極的に行い、代表的な出演作品は、1996年NHKの大河ドラマ『秀吉』では蜂須賀小六役を演じた。2006年には映画『トリック劇場版2』にも出演した。

エピソード:大仁田がプロレスラーになろうと決心したのは、「子供の頃1967年4月に放送された『ウルトラマン』の最終回で初代ウルトラマンがゼットンに敗れたシーンを見て衝撃を受け、そのためウルトラマンの仇を討つために打倒ゼットンを志した」としている。

大仁田厚さんは過去に多方面でいろんなことをやられているので簡単にまとめました^^;

プロレスラー一筋で活躍されていたのかと思っていましたが政界でも活動されていたので正直意外に思いました。当時は46万票という数の投票で当選されているのでとてもたくさんの方が大仁田さんを支持されていて、中には熱狂的な大仁田ファンの方も多かったかもしれませんね。

人によって好き嫌いがはっきりと分かれるタイプのプロレスラーだと思いますが、経歴を見ているとドラマや映画に多く出演していて、いい演技を見せることで一般的な知名度は比較的高かったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

大仁田厚は今、現在何してるの?画像はある?

上記でもご紹介しましたが、最近の大仁田厚さんは2018年9月にプロレスラー7度目の現役復活を果たしたばかりとのことです。また、4月には佐賀県神埼市長選に出馬するも落選されています。

佐賀県神埼市は2018年4月15日に行った市長選挙の開票結果を同日に公開した。無所属現職で自民・公明が推薦した松本茂幸氏(67)が9002票を獲得し、プロレスラーの大仁田厚氏8025票を獲得し、現職と約1000票差の惜敗に、ネット上では大仁田氏に注目が集まった。

「大仁田さん、予想以上に健闘した様子。さすがだな」
「大仁田さんが当選したら、市役所が電流爆破デスマッチ状態になる事を想像していたんですがね」のような声が上がった。

2010年にも長崎県知事選挙に無所属で出馬し、9万8200票を獲得したものの5位に終わり落選している。今回の神崎市の結果もそれに引き続く落選となった。

こちらがその時の画像です。

2007年に政界引退を発表し、2010年には千葉県袖ケ浦市長選に立候補したが断念し、今回は満を持しての出馬となりましたが落選となってしまいましたね。1000票の差でしたので本人も悔しかったのではないでしょうか。

 

大仁田厚が顔いじりすぎ!変わった?と噂に?

ネット上からも噂が上がっているようです。それも、ある時から急に顔が細くなったこと、そして急にイケメンに変わったことから、整形疑惑が浮上しています。

大仁田厚さんの整形疑惑ですが、結論から言うと整形してます。
特に隠しているわけでもなく、ご本人も認めています。
以前テレビ番組で、大のプロレスファンで知られるお笑いの芸人のケンコバさんが、大仁田厚さんに直接、整形疑惑を問うという企画がありました。
その時ケンコバさんは単刀直入に整形疑惑について質問した。
大仁田厚さんはあっさりと認めたそうだ。
整形の理由は、過激なプロレスの電流爆破マッチを何度もするうちに、顔がやけどして変形しやすくなってしまったそうです。
そしてその都度、美容整形で顔の変形を直してるとのこと。

プロレスという過激なスポーツをやってるとケガも多いですからね。でも顔が変形しやすくなったというのを聞くとなんだかおそろしいですね~。

ケンコバさんにがっつり言い寄られていますね^^;ご本人も隠すことなく番組で正直に言っちゃってる感じですね。

大仁田さんの昔と現在の画像を並べてみました。

昔の画像

現在の画像

お痩せになったのもあるかと思いますが、今の方がイケメンでいいんじゃないでしょうか。でもやはり昔と今と顔が違う画像がネットにはたくさん上がっているので戸惑う人も多いかもしれませんね。

 

大仁田厚は嫁とは離婚した?

今年還暦となる大仁田厚さんですが、離婚したとネットにワードが上がっていますので調べてみました。

昔ご結婚され、1986年には長男が誕生。しかし2006年4月に離婚されています。元嫁さんとは別居状態が続き、財産分与と慰謝料として一億円の和解金で解決したようです。元嫁の画像は一般人の方だったのでありませんでした。

離婚の原因は、息子の海外留学費用や住宅ローンで経済的に苦しかったとか。また、暴行容疑で損害賠償を訴えられたなどの話もあるようです。

ほかにも、当時既婚者だった冨田リカさんとの交際疑惑もあり離婚の要因となったようです。

離婚は確実にされているようです。離婚の原因としては、大仁田さんの経歴が結構波乱万丈なこともあり、結婚生活が安定しなかったのではないかなと思います。プロレスラーという職業をしていて暴行容疑がでてしまうとイメージもさらに悪くなってしまいますね。

離婚されたのが2006年でもう12年たちますが、今年還暦でひとりはさみしいですね。ですが今年9月にはまたまた現役復活(一応ボランティアレスラーですが^^;)されていますから、ぼちぼち頑張ってもらいたいですね^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)