篠原涼子の顔変わった?目も?太った?特に二の腕?年齢は?

Pocket

45歳になった今でも第一線で活躍している篠原涼子さん。その美貌に憧れている女性も多いのではないでしょうか?そんな篠原涼子さんですが、ドラマや映画、CMだけでなくバラエティーにも出演することが珍しくありません。

「久しぶりに見ると、顔変わった?」「目がなんか違う?」「アラフォーになって太った?」「そもそも今何歳なの?」テレビや雑誌での露出が多くなるほど、篠原涼子さんのちょっとした変化に気づく方も増えていきます。

スポンサーリンク

今回は、篠原涼子さんの顔が変わった?少し太った?の真相や、市村正親さんとの年の差婚、そして数々の人気バラエティ・ドラマに出演した際の年齢などを深堀り!

篠原涼子さんの気になる疑問を解消します。

 

篠原涼子の顔が変わった?目も?とネットで噂に…

篠原涼子さんは、1989年に雑誌のオーディションでデビュー。その後、アイドルながらもバラエティで活躍するなどの体当たりな姿勢で人気と知名度をアップさせました。

16歳でデビューしたため、芸能界で成長してきたと言っても過言ではありません。

そんな篠原涼子さんですが、ドラマや映画、またCMなどで活躍する度に「顔が変わった?」「目が気になる…」との声も。

女性はメイクで大きく印象が変わります。篠原涼子さんもそのタイプなのではないでしょうか?

デビュー当時の写真を見ても顔のベースは変わっていないように感じるので、篠原涼子さんも写真の写り方やコンディションによって「顔が変わった?」「目の印象が違う」と疑問を抱くのかもしれません。

 

篠原涼子は最近太った?特に二の腕が?

篠原涼子さんといえば、その引込まれる美貌と抜群のスタイルが男性だけでなく女性にも人気です。

しかし、「最近太ったのではないか?」「特に二の腕が気になる」との声もちらほら。

スタイル抜群で、その美しさはドラマや映画だけでなくCMや雑誌でも目にすることがあるでしょう。全体的に細い篠原涼子さんですから、確かに二の腕だけが太いと目立ってしまうかもしれません。

女優さんはドラマや映画の役のイメージが強くなります。ドラマや映画の役柄的にスーツを多用していれば、その後主婦の役をしている際のノースリーブなどを観ると今まで隠れていることが多かった部位なので「あれ、二の腕太い?」と感じてしまうのかもしれません。

 

篠原涼子の年齢は?旦那との年齢差は?

篠原涼子さんの旦那さんは、言わずもがな俳優の市村正親さん。結婚当時はその年の差が話題となりました。

その年齢差はなんと24歳!今でこそ年の差婚は珍しくないですが、篠原涼子さんと市村正親さんが結婚したのは2005年。

蜷川幸雄演出の舞台『ハムレット』での共演がきっかけでした。

当時は篠原涼子さんの、市村正親さんへの溺愛ぶりが話題となりました。現在、篠原涼子さんは45歳、市村正親さんは69歳と親子のような年齢差ですが、おしどり夫婦としてもしられており、今後も仲睦まじいい姿を見ることができるでしょう。

 

篠原涼子主演のドラマ、出演時の年齢は?

大人気の篠原涼子さんですが、多数の主演ドラマを持っています。

ここでは、そんな篠原涼子さんがドラマ主演した際の年齢をご紹介。

話題作から最新作まで、大人の女性に変貌していく篠原涼子さんを垣間見ることができます。

 

篠原涼子の『ラストシンデレラ』の時の年齢は?

ラストシンデレラが放送されたのは2013年4月~6月。篠原涼子さんは、アラフォー女子の赤裸々恋愛物語として39歳の等身大の女性を演じました。

当時はワンレンのイメージがある篠原涼子さんの奇抜な前髪も話題となりましたが、篠原涼子の当時の年齢は40歳。アラフォー女子をそのまま体現化し、コミカルな演技も見せてくれました。

彼氏いない歴10年の、いわゆる「おやじ女子」の本音と、男女の色気を入り交えた体当たりな役柄でした。

スポンサーリンク

 

篠原涼子の『anego』の時の年齢は?

『anego(アネゴ)』が放送されたのは2005年4月~6月。その年の年末にはスペシャル版『anego』が放送されるなど、人気のドラマでした。

篠原涼子さんの当時の年齢は32歳。結婚・恋愛・仕事に悩むアラサー女子を熱演しました。平均視聴率は15%、最終話の視聴率はなんと17%越え!

後輩には頼られ、嫌味のない姉御肌を持つアラサー女子を演じた篠原涼子さん。その演技が評価され、2005年の「ザテレビジョンドラマアカデミー賞」を受賞するなどの功績を残しています。

 

篠原涼子の『アンフェア』の時の年齢は?

篠原涼子さんの数ある主演ドラマのなかでも代表作と言われているのが、『アンフェア』。根強いファンという方もいるのではないでしょうか。

ドラマ『アンフェア』が放送が開始されたのは2006年。その後映画シリーズが公開され、『アンフェア』の映画最新作は2015年に公開。篠原涼子さんは、約10年も雪平夏見を演じています。

一匹オオカミで冷淡さを醸し出しながらも、ひとりの娘を持つ母としての一面も持つ女刑事を好演。この作品で自身初の映画主演も果たし、シリーズの人気を不動のものにしました。

 

篠原涼子の『ごっつええ感じ』の時の年齢は?

篠原涼子さんといえば、『ごっつええ感じ』に出演していたという記憶がある方も多いのではないのでしょうか。

篠原涼子さんは1989年に16歳でデビュー後、18歳で『ごっつええ感じ』のレギュラーになりました。その後1997年、24歳まで番組内でコントを好演しました。

1991年~1997年の間『ごっつええ感じ』のレギュラーとして活躍した篠原涼子さん。アイドルながらも体当たりでバラエティに挑む姿が篠原涼子さんの知名度を高くし、その人気をアップさせました。壮絶なコントを数多くこなしてきた篠原涼子さん。バラエティ出演を前面にしない女優さんが多い中、篠原涼子さんは、「ごっつがあったから今の自分があると思う。」と公言。共演者とは今でも仲がいいそうです。

『ごっつええ感じ』が篠原涼子さん自身にとって、いかに自分を成長させてくれたかを感じることができますね。

 

篠原涼子の『民衆の敵』の時の年齢は?

篠原涼子さんの最新主演ドラマと言えば、記憶にも新しい『民衆の敵』。

どこにでもいる主婦がひょんなことから市議会議員になる、という政治がテーマのドラマ。その、なさそうでどこか現実味もあるストーリーは、同枠の放送では珍しく、放送当時は話題となりました。

当時の篠原涼子さんの年齢は44歳。実際の千葉市議会議所が使用され、都市部と農村部をあわせもつこの土地を舞台に、世の中を変えていく主婦を熱演。

女性議員が色々な意味で話題となっている昨今。社会問題性も取り入れるストーリーを展開していきました。

 

篠原涼子の『ハケンの品格』の時の年齢は?

『ハケンの品格』が放送されたのは2007年1月~3月。平均視聴率が20%を超えるなど、大人気のドラマでした。

篠原涼子さんの当時の年齢は34歳。派遣社員ながらも社内の人間に立ち向かっていく強い女性を演じました。最終話はなんと視聴率25%越え!視聴率が低迷している近年、この数字がいかに凄いかを感じることができますね。

 

いかがでしたか。

16歳でデビューしてから、その力を衰えることなく成長していく篠原涼子さん。

バラエティ出演から人気を博し、その後結婚、そして女優としてドラマの主演をするまでなりました。

一見シンデレラストーリーに見えますが、その活躍の裏では相当の努力をしてきたことでしょう。

どんどん力を尽け、2005年には自身初となる映画主演を果たしました。

『アンフェア』は、映画シリーズになるほどの人気ぶりです。

 

2018年公開の映画には、なんと4本も出演。『SUNNY強い気持ち・強い愛』『人魚の眠る家』『今日も嫌がらせ弁当』では、主人公を演じています。

その力に衰えを感じさせない篠原涼子さん。これからの活躍にも期待です。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)