西田敏行の病気はがんだった?ドクターxの撮影に影響?現在は?

Pocket

今回は、西田敏行さんの病気についてまとめていきます。最近では、ドラマ「ドクターX」で病院の院長役を演じていました。いったい、どんな病気にかかってしまったのでしょうか?心配です。

 

ドラマ「ドクターX」では、ちょっとクセのある院長を演じていました。あの独特のキャラは、もともとの台本ではなく西田敏行さんのアドリブから出来たものだそうです!医者の役を演じられただけに、ご自身が病気にかかってしまうというのはなんとも残念ですね…

スポンサーリンク

 

西田敏行の病気はがんだった?

西田敏行さんの病気はがんだったといわれています。医学が相当の進歩を遂げた現代でも、がんはステージによっては最悪のケースになってしまう可能性も高い病です。本当にがんなのでしょうか?

西田敏行さんが急に痩せたと言われ始めたのは2015年2月の映画『マエストロ!』の舞台挨拶でのことです。前後して放送されたドラマでも頬がこけていて話題となっていました。

マエストロの舞台挨拶の時の画像です!ヒゲを生やしているので目立ちはしませんが、少し頬がこけてしまっているようにも見えます。

画像を比べてみると、やはり以前のほうが少しふっくらしていたようにも感じます。痩せたということだけで、病気になったというのは言いすぎかもしれませんが、がんという噂を聞いてしまうとファンは心配になりますよね。なぜ、痩せてしまったのでしょうか?

 

がんではない

西田敏行さんが痩せてしまったことに関して、西田さんの奥様が語られていたようです。

西田の激ヤセの真相について、都内の自宅で寿子夫人が取材に応じてくれた。

「痩せたのは頸椎亜脱臼胆のう摘出手術のほかにも、糖尿の傾向があったので病院の方で制限食を摂らされていたんです。それで、自然と痩せたんです。10キロぐらい痩せたので、膝への負担なども少なくなって本人は『身が軽くなった』と喜んでいます(笑)。 退院後も食事は減塩食にしているんです」

クスリ説については「根も葉もない話です」と一笑に付した。

奥様と見られる女性が、西田敏行さんの車椅子を押している画像が見つかりました。看病してくれる人がいるのは、頼もしいですよね。がんではなかったようです!!「頸椎亜脱臼胆のう摘出手術や糖尿の傾向」があったことにより、入院して制限食を摂っていたんですね。健康的に痩せられたということで何よりです。

クスリ疑惑もあったようなのですが、奥様が否定しているということはそれもガセでしょう!

 

仕事への影響

がんではなくて本当に良かったです!しかし、一時期、入院されていたということですが仕事への影響はなかったのでしょうか?

頸椎亜脱臼の手術を受けて入院中に、新たに胆嚢炎を発症して摘出手術を受けた俳優・西田敏行(68)が、3日に大阪市内で行われるABC「探偵!ナイトスクープ」の収録で本格的に仕事復帰することが1日、分かった。

スポンサーリンク

2016年に、自身が司会を務める「探偵!ナイトスクープ」で仕事復帰していたようですね。病気が発覚してから欠席していた西田敏行さんですが、復帰後は通院を続けながら仕事もこなしていたそうです。奥様が支えとなり、病院での食事療法とリハビリを受けながら復帰へと向かわれていたようです。

その後、健康のため、禁煙に加え大好きだったお酒も控えるようにしたそうです。飲酒や喫煙が習慣になっている人は、見習わなければいけませんね。復帰した際に「一生懸命リハビリをやって、あと15年は稼がせてもらいます!」と力強いコメントをされました!

 

ドラマ「ドクターx」にも影響があった?

ドラマ「ドクターX」にも影響があったといわれています。人気ドラマの名脇役なだけに影響は小さくなさそうですが、実際はどうだったのでしょうか?

ドラマの最高視聴率を維持し続ける米倉涼子(41)主演の「ドクターX~外科医・大門未知子」(テレビ朝日系)の陰の功労者と言われる西田敏行(69)。その西田に”歩行困難疑惑“が囁(ささや)かれている。
「初回からドラマを見ていますが、東帝大学病院の院長役の西田は、いつも院長の椅子に座ったきり。たまには立ちますが、動こうとしない。もしかしたら歩けないのでは?との疑惑が出ているのです」(他局のドラマスタッフ)

歩けないのでは?という疑惑が出ていたようです。心配になりますね。

「退院後、都内のスタジオで目撃したのですが、頸椎亜脱臼は完治したというのに、松葉杖(づえ)をついて4、5人の男性に抱えられていた。大丈夫かなと心配でした」
と言うのは映像関係者。
「10月から番組はスタートしましたが、何事もなかったかのように出演しているのでホッとしたのですが……」
ところが、番組関係者によると「実は、西田は歩行がきつい状態です」と言う。
「ドラマでは椅子に座ったまま演技するか、立ち上がるシーンがあっても歩かない。いや、普通に歩けないんだと思います」

確かに、院長用の椅子に座っていたシーンが多い記憶はありますね。歩行が困難でも、西田敏行さんにしか演じられない蛭間院長像があったのでしょう。与えられた役を最終回までこなしたいという気持ちは西田敏行さん自身にもあったのかもしれませんね。

 

現在は大丈夫なのか?

心配になってしまう西田敏行さんの病気の話ですが、現在は大丈夫なのでしょうか?

ABCテレビの看板番組「探偵!ナイトスクープ」(金曜午後11時17分)の収録が15日、大阪市内で行われ、週替わりの「見習い秘書」として7月13日放送分に同局ヒロド歩美アナウンサー(26)、同27日放送分に中村静香(29)、顧問として黒木瞳(57)が登場した。

西田敏行局長(70)は「歳月は可憐(かれん)なタカラジェンヌを日本を代表する大女優に育てました」と黒木をハイテンションで紹介し、「きょうはかぐわしいんですよ。みなさん、黒木瞳さんです!」とメロメロ状態になった。

現在も「探偵!ナイトスクープ」で元気に司会を務めていらっしゃいました。黒木瞳さんのような美しい女優さんを見たら、それはテンションが上がってしまいますよね。お元気そうで何よりです!!

新ドラマ「Miss デビル」の画像です。西田敏行さん、しっかりと立っていらっしゃいます!まだまだ、俳優人生現役と言ったところでしょうか?

今回は、西田敏行さんの病気についてまとめました。心配になる話はありましたが、現在はお元気そうで良かったですね。これまでの出演作から新ドラマまで追うと、本当に演技の幅が広く、キャラクター性にも魅力がある俳優さんだということがわかります。これからの西田敏行さんに注目です!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)