道端アンジェリカの乾癬の足の画像が話題?治療薬はある?注射は自分で打つの?

Pocket

道端アンジェリカさんと言えば皮膚の病気を公表したことでも知られていますよね。その病気は乾癬だという病気で文字からすると皮膚が乾燥してしまう病気なの?と思ってしまいますが詳しくはよくはわからないですよね。
そこで今回は乾癬という病気について詳しく見ていきたいと思います!

道端アンジェリカは乾癬?

道端アンジェリカさんはSNSで自分が乾癬という病気にかかっていることを思い切って公表することに踏み切っています。
モデルという立場でありながら、外見に影響が出る「乾癬(かんせん)」という持病があることを公表した道端アンジェリカさん。SNS上での公表は大きな反響を呼び、乾癬という病気が社会に認知されるきっかけとなりました。
その反響は社会的にかなり大きかったそうで感謝の知らせが道端アンジェリカさん本人に届いているそうです。
乾癬は慢性的な皮膚の病気で、症状も人によっても違うのですが、赤い発疹や紅斑(こうはん)ができたりします
最初に症状が出たのは6年くらい前。膝の裏と腰と肘に10円玉と500円玉くらいの大きさの紅斑ができて、最初はちょっと乾燥しているな…と感じたくらいで、それほど気にしておらず、まさか自分が病気だとは考えてもいなかったです。
それが悪化したのが昨年の秋。足首を骨折して入院したのがきっかけでした。入院してから4カ月も大好きな運動がまったくできなくなって、すごくストレスを感じていたんですね。
退院してから小さな発疹がどんどん増え、これまで症状が出なかったお腹にも出てきて、怖かったです。自分の肌を見たくなかったので、お風呂では電気をつけていなかったくらい。
やはりどういった病気なのか世間にまだまだ知られていなかったことから道端アンジェリカさんも当初は自分が乾癬という病気にかかっていることは気付かなかったようです。
ただどんどん症状が出てくるにしたがって怖くなってしまうのはわかりますよね。それでも病気になる前兆はかなり前からあったということですからちょっとしたからだの変化を自分自身が常日頃から感じていることが大事なんだなと実感しました。

道端アンジェリカの乾癬の足の画像が話題に?

道端アンジェリカさんは足を骨折したことがあってその時の手術をした後に包帯を巻いている画像をSNSに投稿したことがありました。

脚を骨折して入院した。退院後は松葉づえの生活。仕事には不自由で、好きな運動なんてもってのほかだ。多くの人が「運動できないとつらいでしょ」と気遣ってくれたが、意地を張って、気にしていないフリをした。知らないうちにストレスがたまっていた。

ある日突然、症状が広がった。全身が真っ赤になり、髪を触るたびにフケのように皮膚が落ちた。腕もおなかも背中もボロボロ。東洋医学の治療法を試したが、変化はみられなかった。

ただこの画像は乾癬にかかっていた時の足の画像ではなくてあくまでも骨折した時の足の画像のようです。

スポンサーリンク