小泉純一郎と嫁・宮本佳代子の離婚理由は?三男?創価学会?姉?

今回は、小泉純一郎さんと奥さんの宮本佳代子さんの離婚理由、三男、創価学会、姉といった噂に

ついて画像と一緒にかいていきたいと思います。

 

小泉純一郎の嫁・宮本佳代子ってどんな人?画像はある?

まずは小泉純一郎さんの奥さんの宮本佳代子さんについて簡単なプロフィールをまとめたいと思います。

スポンサーリンク

名前:宮本佳代子(みやもとかよこ)
生年月日:1957年生まれ
最終学歴:青山学院大学
家族:祖父はエスエス製薬の元会長・泰道照山

経歴

1977年:大学在学中に小泉純一郎さん(進次郎さんの父)とお見合い。お見合い当日に純一郎さんにプロポーズされる
1978年:結婚、長男、孝太郎さんを出産
1981年:次男、進次郎さんを出産
1982年:離婚
1983年:三男、佳長さんを出産

半年後、三井不動産関連会社に入社。宅地見物取引士に一発合格

宮本佳代子さんは当時東証一部上場のエスエス製薬の創始者である泰道照山さんの孫です。

しかし、二人の結婚に祖父・泰道照山さんは猛反対し、結婚するなら縁を切るとまでいったそうです。

どういう経緯でお見合いする運びになったのかわかりませんが、祖父に縁を切るとまで言わせるほど何かよくないことがあったのでしょうか。

お見合いの時、佳代子さんは青山学院の大学生、小泉純一郎氏はすでに衆議院議員で30代でした。

結婚後すぐに長男・孝太郎さん、次男・進次郎さんを出産しますがわずか5年で離婚となります。

佳代子さんは、小泉氏からお見合い当日に結婚を申し込まれたそうなので小泉氏の一目惚れに近かったのかなと思いましたが、結婚期間、5年って短いですね。

離婚当時、宮本佳代子さんは第三子を妊娠中。

離婚後に三男・佳長さんを出産しました。

小泉孝太郎さん・進次郎さんは父・純一郎さんが、佳長さんは母親の宮本佳代子さんが親権を持つことになりました。

その後、宮本佳代子さんは資格を取り三井不動の関連会社に勤め一人で佳長さんを育て、現在は神奈川県鎌倉市に住んでいるようです。

宮本佳代子さん

2018年8月に女性誌にてインタビュー時の写真です。とても美しい方です。今まで苦労された方が何を語ったのか気になります。

 

小泉純一郎と嫁の離婚理由は三男が原因との噂?

小泉純一郎さんの元妻・宮本佳代子さんが手記の冒頭でこう語ったのは、3月10日に発売されたシニア女性向けの雑誌「いきいき」4月号でのことでした。その内容を踏まえながらまとめます。

三男の佳長氏が結婚したことや、自身が還暦を迎えたことで、沈黙を破る決心がついたことが明かされています。

手記では「息子との生き別れ」や「離婚後の生活」がつづられる中、小泉純一郎さんとの結婚も振り返っている。

エスエス製薬の創始者・泰道照山氏の孫娘である宮本さんは、青山学院大学4年の時、国会議員だった小泉純一郎さんとお見合い。その翌年に結婚しました。

〈その後の結婚生活で、私は2回の選挙を経験し、その間に孝太郎と進次郎を出産しました。当時、小泉氏の選挙区には強い候補者が多く、いつ落ちてもおかしくない状況でした。私は「落選させるわけにはいかない」という一心で選挙区を回り、まだ赤ん坊だった息子をおんぶひもで背負って横須賀中央駅前に立ったこともあります〉

プロポーズの際、小泉純一郎さんから、「政治家の世界は何も知らないでいい」と言われていた宮本さんだが、夫のために奮闘していたようです。それでも、結婚生活は約4年で破綻。離婚の理由は、よかれと思っていた「選挙」活動にあったということです。

「小泉家では、奥さんは選挙活動に加わらないという“家訓”があったんです。(宮本さんは)それをちゃんと理解していなかったのか、女系家族で発言力が強く、選挙を取りしきっていた小泉氏の母親や姉との折り合いが悪くなり、離婚の大きな原因になったと言われています」

小泉家を追い出された時、おなかの中には妊娠6カ月の佳長さんがいました。孝太郎さんと進次郎さんの親権は小泉家側にありましたが、家庭裁判所で調停の末、三男の親権を勝ち取られたみたいです。

スポンサーリンク

出産から半年、宮本さんは三井不動産のグループ会社に入社。営業などの仕事を始めながら「宅建」を取得して、キャリアを積み重ねてきた。

昨年11月16日に開かれた、日本賃貸住宅管理協会のレディース委員会で講演をした宮本さんは、不動産業界を選択した理由についてこう明かしています。

「身内を頼ることもできたが、それは嫌なので働くことにした。その際、女性ではめったに扱えない億単位の仕事ができる不動産を選んだ」

離婚後、小泉家とは音信不通だったが、総理に就任していた当時、純一郎氏の母・芳江さんが亡くなり、01年11月2日の告別式に宮本さんは三男と参列に訪れました。

「2人が式場に入ろうとしたら、総理の秘書に止められ、葬儀の間、控え室に“隔離”されました。総理と顔を合わせることを拒否され、焼香や献花も許されなかったんです」

前出・浅川氏も「夫婦関係」についてこう語る。

「当時、自民党内や官邸で、小泉氏の元妻について話すのはタブーという雰囲気があった。外国を訪問する時も代理のファーストレディをどうするのかという話さえ、出なかったそうです」

それでも小泉純一郎さんが政界を引退してから、子供同士で顔を合わせるようになり、交流が始まったみたいです。

小泉家の三兄弟。真ん中が三男の宮本佳長さん

 

 

小泉純一郎と嫁の離婚理由は創価学会が原因との噂?

今回、小泉純一郎さんとその奥さんについて調べていると色々な噂が出てきました。

離婚の原因ははっきりしたことはわかりませんが、その中の一つの創価学会が原因というのもあります。

創価学会は日本でも有名な宗教で、公明党と繋がりが深いのは誰でも知っていることだと思います。

そして、宮本佳代子さんの肉親が会員でそれで小泉純一郎さんの政治活動に影響が出るから離婚したという

もっともらしい噂がありますが、あくまでも噂でありはっきりした事はわかりません。

芸能人や政治はにはこの手の噂はつきものですね。

結婚式での宮本佳代子さん

 

小泉純一郎と嫁の離婚理由は姉が原因との噂?

小泉純一郎さんの姉のついて書いていこうと思います。

小泉純一郎さんの姉、小泉信子さんは小泉家の三女です。

当初、防衛長官を歴任していた父、小泉純也さんの秘書を務めていました。

小泉純也さんが亡くなられた後、弟の秘書も30年以上務めていて影の総理と言われていました。

そして、小泉信子さんと奥さんである宮本佳代子さんとの仲はあまりよくはなかったみたいです。

結婚後5年で離婚されています。当時の小泉家の実権は全て小泉信子さんが掌握しているみたいなので、宮本佳代子さんには決定権がありませんでした。

当時小泉純一郎さんが奥さんの見方をしていれば離婚にはならなかったのではないかと思います。

 

まとめ

今回、小泉純一郎さんについて色々と調べてみましたが、政治家の家系はやはり普通ではないのだと思いました。それにしても華麗なる家系でこういう家系が代々日本を牽引してきているのだと思いました。とても普通の家庭で育った人にはわからないような価値観があるのだと思います。それらの良し悪しは私にはわかりませんがとても複雑な世界です。

そして今回もこういう記事には噂がつきものなのだと思いました。でも火のないところに煙は立たないとあるように何かしらそれらしきことがあるように感じます。しかしこういう公人になるのは自分のことただけでなくその家族までが丸裸にされてしまうので本当に厳しい世界だと思いました。

今後は小泉進次郎さんがこれからの日本を背負っていってくれることに期待したいと思います。

小泉純一郎の子供には三男がいた?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)