高橋由伸の父親の借金肩代わり問題とは?父親の会社名は分かる?

Pocket

読売ジャイアンツの監督である高橋由伸さんの借金肩代わり問題とは?詳しいエピソードなどまとめてみました!

高橋由伸の父親の借金肩代わり問題とは?

スポンサーリンク

高橋由伸さんは、2016年シーズンから巨人の新監督に就任をすることになりました。その際、高橋由伸さんは「60億円で巨人に売られていた」と週刊誌が報られました。

高橋由伸さんはプロに入団してから現役引退に至るまでは、巨人一筋として巨人では有力な人材です。しかし、高橋由伸さんは「60億円も借金がある」、「裏取引をしていた」と言われるようになりました。

言われている理由としては、高橋由伸さんの父親の借金が問題となっていたようです。そこで巨人に入った理由など、他球団に移籍しなかった真実や、現役続行を希望しましたが、球団要請に断れず監督に就任された理由にも、父親の借金が関係していたそうです。

そんな、高橋由伸さんの父親が不動産会社の経営に失敗されてしまい、60億円とも言われる多額な借金ができてしまい、そこに巨人側が入団の条件として肩代りをしたというのです。

当時、高橋由伸さんはヤクルト入団を強く希望していたそうです。高橋由伸さんは大学卒業後に、当然どこのプロ球団に入るのかと、進路が注目されました。

高橋由伸さんは、小さい頃から天才打者と言われており、観客の心をつかむスター性もあることから、1997年のドラフトでは9球団が争奪戦を繰り広げられました。

高橋由伸さんの心の中ではどこの球団に行くかは、ほぼ決まっていました。大学野球で慣れ親しんでいた、神宮球場で更に活躍されたい気持ちが強く、ヤクルトスワローズ入りを希望されてました。そして、巨人に対して、高橋由伸さんは「巨人のようなお堅いチームにだけは絶対に行きたくない」と周囲に漏らしており、巨人入りだけは絶対にありえないムードだったそうです。

そして、報道の際には「ヤクルト入りがほぼ確実!」という見方がほとんどでした。巨人と同じ読売グループであるスポーツ報知ですら「高橋由伸、ヤクルト濃厚」と報じられるくら確実とみていました。

しかし、会見の前日に高橋家での家族会議が行われ、高橋由伸さんの状況が一転します。家族会議は約8時間行われたそうで、深夜3時にまで及んだ家族会議の中で家のために頼む巨人に行ってくれ」と父親から説得されることになってしまいました。

高橋家の家族会議の結果、高橋由伸さんは決心し、翌日の会見では「私、高橋由伸は「読売ジャイアンツ」さんを逆指名させていただきます」と厳しい表情で発表されました。

本来、逆指名の会見というのは、希望に満ち溢れ花がある会見になりますが、会場はその裏腹で、重苦しいムードでになっていました。そして、高橋由伸さんには笑顔など浮かべるどころか、悲しそうな表情を浮かべ、涙目になりながらの会見となりました。

高橋由伸さんは、会見で巨人を選んだ理由を聞かれるとインタビューでこう答えました。

「巨人は伝統あるチームですので、自分の力を試すことができると思いました。また、一番に自分自身生がいかせるんじゃないかと思い、自分自身の判断で決めさせていただきました。」

と逆指名の理由を取材軍団に語られましたが、そのような事を、高橋由伸さんは以前から語っていなかった為、高橋由伸さんの本心ではないと取材軍団は感じていました。

この裏話により、父親は借金返済の為に家族会議では高橋由伸さんを、必死に巨人への入団を説得され、そこで高橋由伸さんの入団先が巨人に変更した真実が発覚されました。

高橋由伸さんからすると、父親の借金問題というのが全てに付きまとい、希望の球団にも自身で決めることもできず、この騒動により「黒いドラフト」という呼び名がつけられることになったそうです。

そして巨人は、60億円の裏金とは別に、他にも6億円以上の契約金を用意されていました。そこで父親の借金肩代わり問題の際には、現役最後の大きな決断にも影響を及ぼしてしまいました。

そして、チームの不振や野球賭博問題が起き、これにより原監督の退任が決定されてしまいました。巨人は早急に次期監督を選ばないといけなくなりました。

スポンサーリンク

巨人が決めた結果は、高橋由伸さんを選びましたが、高橋由伸さんはその当時まだ現役で活躍したいという気持ちがありましたが、2015年シーズンから打撃コーチを兼任されたものの、専任コーチとしての指導者経験はありません。

しかし高橋由伸さんは父親の借金60億円を巨人に肩代わりをしてもらった恩があるので、高橋由伸さんが球団からの要請を断ることもできなかったとも言われています。

 

高橋由伸の父親はどんな人?

高橋由伸さんの父親は野球熱心な方で、野球では高橋由伸さんの練習などをされ、小学校の頃には全国へと導かれていました。高橋由伸さんは、野球をやり出し目覚めたのは3歳のころからだそうです。そして、右投げ左打ちのスタイルが確立されていったそうです。

小学校4年生の頃には、地元の少年野球チームに入団されました。才能はすぐに発揮され、6年生中心のレギュラーに唯一入り程でした。その後、5年生の頃には、3番ショートのポジションをされ、チームを県大会優勝へと導かれました。小学校最後の6年生の頃には、エースで4番を背負い2連覇を達成されました。

素晴らしい結果を得た小学校時代でしたか、中学時代ではエースで4番をまたしても背負い、チームを全国大会2連覇に導かれました。しかし、中学時代の高橋由伸さんは「野球を辞めたい」と何度も思い父親に相談されていました。ですが、父親とお兄さんに何度もグラウンドに力ずくで連れ戻されていたそうです。

しかし、高橋由伸さんの中学時代の野球の成績は、26試合出場され、打率55分の本塁打17本と打点65すごい成績を残されていました。高校生になってから野球をやめようと思ったのですが、父親に「あと3年頑張ってもっと楽しませて欲しい」とお願いされてしまい、高橋由伸さんは、甲子園を目指すことにしました。

高校生になり、目指していた甲子園にも1、2年生の時に甲子園に出場され果たされました。大学時代も凄い結果を残され、9球団から指名が入るほどの人気ぶりでしたが、父親の借金が原因で、巨人を逆指名し、父親の借金60億円を巨人に肩代わりされました。

そして、巨人に借金を肩代わりされたのにも関わらず、その後に高橋由伸さんの父親は、またしても次に老人ホームの経営に手を出してしまいます。しかし、残念ながら今回も高橋由伸さんの父親は、商才がなかったのか、 再度事業は失敗されてしまい、多額の借金をまた背負うことになりました。

そして、2014年8月18日に千葉市内の病院にて、高橋由伸さんの父親は心不全で亡くなられました。とても、波乱万丈の生活を高橋由伸さんの父親はされていることが今回調べてみてわかりました。

その反面、高橋由伸さんがとて可哀想に思えました。借金を巨人に肩代わりしてもらい、重たかった荷物が軽くなったのに関わらず、またしても事業に失敗され、高橋由伸さんはまたしても重たい荷物を背をうことになり、親孝行どころから、高橋由伸さんはとても苦労したのもわかりました。

 

高橋由伸の父親の会社名はわかる?

ネット上などから話題となった、高橋由伸さんの父親の会社名を気になり調べてみましたが、さすが名前まではでていませんでした。会社はもうないので、謎のままという結果になってしまいました。

不動産会社ですと苗字を使ってされる方もいるので、もしかすると推測になってしまいますが、「高橋不動産」や「高橋商事」や「高橋ホーム」など付ける場合もあり得ますね!もしくは、イニシャルで付ける場合もありますね。新たな情報がわかり次第更新したいと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)