デヴィ夫人は若い頃コールガールだった?ハーフ?きれい?画像有!

Pocket

バラエティ番組でも御意見番として活躍されているデヴィ夫人若い頃コールガールをしていたという情報が!?昔の画像エピソードなどをまとめてみました!

デヴィ夫人は若い頃コールガールだった?

スポンサーリンク

今でも、デヴィ夫人さんは上品な身なりをしっかりされている方です。そんな、デヴィ夫人さんの若い頃は何されていたか調べてみました。

すると若い頃は、コールガールをされていた事が判明しました。

そんな、コールガールとは、現在の言葉では「デ◯◯ル嬢」と言われております。上品なデヴィ夫人さんが、本当にコールガールをされていたのかと疑ってしまいますね!

しかし、若い頃のデヴィ夫人さんは多額の借金を抱えていたそうです。そんな、家計でデヴィ夫人さんは育ち、家族の為に貧しい家計を助けようと考え、赤坂にあった有名な高級クラブの「コパカバーナ」というお店でホステスとして働き始めました。

そこの、コパカバーナのお店には世界のVIPといわれる方々が通っておられ、デヴィ夫人さんは、そこで夜の接待をされていたと言う情報がありました。その事から、調べていくとデヴィ夫人さんはコールガールを若い頃にされていたと言う噂もとても多く見られました。

そして、いずれデヴィ夫人さんの旦那さんになる、インドネシアのスカルノ大統領とはコパカバーナの高級クラブで出会ったそうです。本当に世界のVIP達が足を運んでいるのがわかりますね!

 

デヴィ夫人はハーフ?若い頃がめちゃくちゃ綺麗!画像ある?

デヴィ夫人さんは、顔立ちが、外国人寄りな事からハーフだと思う方が多いそうですが、デヴィ夫人さんは、日本名では根本 七保子(ねもと なおこ)さんと言います。

そして旦那さん、インドネシア元大統領の、スカルノさんです。そこで、デヴィ夫人さんはインドネシアでの名前は、ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノさんといいます。

その事から外人?ハーフ?と思う方がいらっしゃると思いますが、デヴィ夫人さんは東京府東京市麻布区霞町(現在では、東京都港区西麻布)で生まれております。

そして、デヴィ夫人さんの両親は、父親は兵七郎さんで、母親は政子さんです。名前から見てもわかるように、純粋な日本人の両親なのがわかります。そんな、父親の兵七郎さんは、麻布区霞町界隈の大工をされていました。デヴィ夫人には、弟さんも1人います。4人家族だったんですね!

そして、現在のデヴィ夫人さんを見ると、裕福なご家庭に生まれたように見えますが、その真逆で、多額の借金をされていました。

若い頃のデヴィ夫人さんと言えば、とても綺麗とネット上で話題になっていますね!そこで、デヴィ夫人さんはどのような人生を歩んで来られたか調べていきたいと思います!

まずは、太平洋戦争中では、母親と弟の3人で福島県に疎開されていたのです。そして、1955年デヴィ夫人さんが15歳の頃は、映画の「青ヶ島の子供たち 女教師の記録」でエキストラとして出演をされました。

中学卒業後には、東京都立三田高等学校定時制部に進学をされました。その同時に、当時倍率がとても高かった、千代田生命保険(現・ジブラルタ生命保険)に入社をされました。なんと、その倍率が150倍の倍率で、デヴィ夫人さんは難関をクリアされたのです。

千代田生命保険だけで働くわけではなく、デヴィ夫人さんは貧しかった家計を助ける為に、昼休みの空いてる時間や休日でも掛け持ちをされ、アルバイトをされていました。そして、1956年には父親が亡くなってしまい、高校を中退されました。

1959年には、19歳になられたデヴィ夫人さんは、インドネシアへの開発援助に伴い「東日貿易の秘書」という名目で、デヴィ夫人さんはインドネシアのスカルノ大統領の元へと送り込まれることになります。

そこで、独立され間もない間で、東西冷戦下にあったインドネシアにおいては、スカルノ大統領は日本外交や資金援助での、取り付け等を非常に重要視されていたそうです。そして、デヴィ夫人さんはインドネシアに渡ってからは、数年の間はスカルノ大統領の愛人の1人となりました。

スポンサーリンク

しかし、1962年にデヴィ夫人さんとスカルノ大統領は正式に結婚をされ、4人の夫人のうちのデヴィ夫人さんは、第3夫人となられています。そこで、同時期にはマスコミの執拗な取材によって、体調を崩されていた母親が亡くなっってしまうことになりました。

そして、その2日後には予想もしなかった出来事が起きてしまいます。まず、セールスマンに全財産を騙し取られてしまい、母親の死に目に逢えなかった、デヴィ夫人さんの弟のが自宅のアパートで、ガス自殺されていました。

それを耳にされたデヴィ夫人さんは、「何時までたっても心が離れずに悲しい事実でトラウマになってしまう」と告白され、後にジャカルタの宮殿の一つにデヴィ夫人さんの弟の名をつけられました。そして、この宮殿はのちに接収されてしまい、軍事博物館となっておられます。

その3年後には、1965930日に軍事クーデター、いわゆる930日事件でスカルノ大統領が失脚され、代わってスハルトが大統領となり、インドネシアの大統領が代わり、スカルノさんは軟禁状態におかれてしまい、デヴィ夫人さんはインドネシアの日本大使館に亡命を希望されましたが、国際的立場上の理由で断念されることになりました。

その際には、スカルノさんの第2夫人を除く夫人達は、大統領のもとを離れ逃げられてしまいます。そして、1967311日にデヴィ夫人さんは、念願の子供を出産されました。娘の名前は、カリナ・サリ・デヴィ・スカルノさんと名ずけられなした。

若い頃の、デヴィ夫人さんはハーフ感ある顔立ちをされ、生まれ持った美しさを武器に、波乱万丈の人生も歩んでおられました。その武器で、インドネシアの大統領の妻にもなられ娘も授かることができ、インドネシアから帰国されても、芸能界という道に現在もなられています。

そして、昔の綺麗さは今でもデヴィ夫人さんに残っており、78歳になられても綺麗で美しい女性のママなのが今回調べてみてわかりました。

 

デヴィ夫人は若い頃から入れ歯との噂は本当?

デヴィ夫人について、調べていくと「入れ歯」というキーワードがでてきます。 現在デヴィ夫人は、78歳になるので入れ歯されている事には違和感はないと思いますが、気になり調べてみると、16歳で総入れ歯にされていた事が判明しました!

先程にも、コールガールの事は書きましたが、そこで勤めていたコパカバーナの高級クラブが理由だったそうです。デヴィ夫人はコパカバーナではとても人気がありました。そしてそこでは、普通の社会人の方は出入りできないくらいの金額だったそうで、訪れる方はどなたもVIPな方々でした。

しかし、コパカバーナが人気だった理由は、夜の接待もあったからといわれております。その際に、デヴィ夫人は 総入れ歯となりました。要するに、外国人の方は日本人の方と比べ○○○が大きいので、くわえる際に歯が当たってしまうからです。

その為に、○○○が歯に当たらないようにと、全て歯を抜かれ総入れ歯にデヴィ夫人はされました。あの上品なデヴィ夫人がそこまでするとは凄い話ですね!そして、16歳でそこまでされるのが驚きの行動ですね!

 

デヴィ夫人のすっぴん画像はある?

テレビでのデヴィ夫人さんは、身なりをしっかりされています!そして高そうなアクセサリーを身にまとっているイメージがつよいですね!そんなしっかりされている、デヴィ夫人さんがテレビなどでスッピンまで披露されているのです。

女性はあまり、スッピンを披露したくないですよね。しかし、デヴィ夫人さんはバラエティ番組の際に、「熟女の究極美容法」というコーナーでスッピンをお披露目されました。なんとその時のデヴィ夫人さんは、当時74歳です!

お世辞なしで本当綺麗な顔つきをされてますね。74歳には到底みえないくらいの綺麗なスッピンですね。そして、画像をみてみると、アイブロウとライナーのタトゥーを入れているのがわかります。

スッピンを披露した際には出演者や、視聴者などからは絶賛な声が上がりました。現在は78歳になっていますが、身なりから見ても78歳には到底みえません。歳を取ってからも、美しいのは今も昔も変わらないようですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)