アントニオ猪木はなぜ北朝鮮との関係が?女性接待?北朝鮮出身?スパイ?

Pocket

アントニオ猪木さんはこれまで何度も北朝鮮に行っています。猪木さんは現在は参議院議員で国会議員という顔をもっているんですが議員活動として行っていることから度々批判が出ていますが実は猪木さんはかなり昔から北朝鮮との関係があるんです。
そこで今回は猪木さんと北朝鮮との関係について調べてみました!

アントニオ猪木はなぜ北朝鮮との関係が深いの?

猪木さんはそもそも何故ここまで北朝鮮と関係が深いのでしょうか?
じつは、アントニオ猪⽊さんと北朝鮮には、意外なつながりがあるのです。かつてプロレスラーとして⼀世を⾵靡していた時代に、アントニオ猪⽊さんの師匠として有名だったのは故・⼒道⼭さんです。
この⼒道⼭さんの娘さんは北朝鮮にいるそうで、⼒道⼭さんも北朝鮮出⾝です。
こういったことから、アントニオ猪⽊さん⾃⾝の中で北朝鮮は特別な国として、近い存在になったというわけですね。
アントニオ猪⽊さん⾃⾝は、何度も北朝鮮を訪問する中で「⽇本における報道の仕⽅には偏りがある、国⺠の飢餓といった報道が多いが現実はそうではない」とコメントしています。
北朝鮮からも毎回歓迎を受けて訪朝しているようですから、今の私達⽇本国⺠が決してテレビから⾒られない北朝鮮の姿を、アントニオ猪⽊さんは⾒ているということなんですね。
なんと師匠だった力道山さんの影響だったんですね!その為にアントニオ猪木さんはこれまで何度も北朝鮮を訪問しています。
しかも北朝鮮からは毎回歓迎をうけているとのことなので猪木さんは北朝鮮国内ではかなりの影響力があるみたいですね!
人気もかなり高いようです。

アントニオ猪木が北朝鮮に行くのは女性接待のせい?

しかしネット上の噂では猪木さんは女性との接待を楽しみにしているから北朝鮮に行っているのでは?という噂が上がっています。

猪木がここまで騒がれてでも北朝鮮へ行く理由として過剰な接待を受けているのが理由ではないかと言われている。

というのも、猪木氏は過去にテレビで「顔に特徴があるから顎をバッグで隠しながら女性に会いに行ってた」という証言を、2010年の3月に放送された「加藤浩次の吠え魂」という番組で、メインである加藤浩次氏が公開しているほどに貪欲なようである。

スポンサーリンク

北朝鮮と言えば、「喜び組」という存在が有名だろう。国のトップ及びその周辺の人物に様々な価値を提供する人たちである。

このような文化のある北朝鮮であるからこそ、猪木が北朝鮮へ行く目的は接待と言われる理由である。

もし本当に過剰なほどの接待を受けているのであれば、メディアに騒がれてでも行きたいと考えてしまうのではないだろうか。

議員となった猪木は、北朝鮮の将来性に目をつけて関係を構築し、早い段階から親交を深めようと考えているのではないか。

そして、いざという時には関係が築かれた北朝鮮に対して日本代表として議員の職を全うしたいと考えているのかもしれない。

たださすがにこれだけでは北朝鮮には行かなくてそれ以上に大きな目的があって行っているというのが可能性としては高いと思います。
北朝鮮とのパイプ役はかなり貴重だと思うので猪木さんなりに使命感みたいなものもあるのではないでしょうか?

アントニオ猪木が北朝鮮出身は本当?

アントニオ猪木さんは北朝鮮の出身なんでしょうか?
ブラジル系日本人です 一度、ブラジルに移民し日本に戻ってきています
調べてみるとそうではなくてブラジル系の日本人なんだそうです。北朝鮮の血は入っていないことになりますね!

アントニオ猪木が北朝鮮でプロレスを行っている?

アントニオ猪木さんは過去にプロレスを北朝鮮でしたことがありました!

プロレス興行は、95年4月28日、29日の2日間に亘って開催されることになった。イベントの正式名称は「平和のための平壌国際体育・文化祝典」。会場は、平壌の綾羅島にあるメーデースタジアムである。

スポンサーリンク

イベントに参加したプロレスラーは約30名。メーンイベントは、猪vsリック・フレアー戦であった。

このほか、「帰ってこいよ」で知られる松村和子らミュージシャンも駆けつけた。1日目、2日目それぞれ19万人、計38万人の平壌市民が観戦したという。この数字は、プロレス興行の世界最多観客数と言われている。

今からもう23年も前のことでかなり盛大に行われたようですね!プロレス興行の世界最多観客数を記録していて北朝鮮国内ではプロレスはかなり人気であることがわかります。

アントニオ猪木は北朝鮮のスパイの噂は本当?

またアントニオ猪木さんには北朝鮮のスパイなのではないか?という疑惑が持ち上がっています。

猪木はスパイではないのかという話も多く噂として出ているのが現実である。

いくら上記にて北朝鮮に将来性を見出したとしても、現在のこのタイミングで北朝鮮に行くのはあまりにも違和感がある。

スパイにしては、非常に目立っているとも言われているが、灯台下暗しという言葉もある通り、逆に堂々とすることでスパイ活動を行なっているという見方も出来なくはない。

但し、可能性としてはスパイ活動よりも根は真面目な性格である議員としての仕事を全うしたいという思いと、接待がもしあるとするのであれば、非常に良い接待を受けていることが理由である可能性の方が遥かに高いのではないだろうか。

ただこちらの疑惑もガセの可能性が高くてそもそもスパイだったらここまで大々的に行動はしないですよね(笑)
ただ猪木さんは北朝鮮に対しては深い思い入れがあるのは間違いはないと思います。

アントニオ猪木と北朝鮮に行く同行者は誰?どんな人?

アントニオ猪木さんが北朝鮮に行くときについてくる同行者はどういった方々なのでしょうか?
日本を元気にする会」の猪木寛至・参議院議員、「日本維新の会」の松浪健太・衆院議員、秘書、トレーナーらとともに平壌を訪問しました。スポーツ交流を通じて日朝両国の信頼関係を深め、平和構築に貢献しようというのが、猪木議員らの立場です。
他の国会議員や秘書もついてくるとのことでそんなに大所帯では来ないようですね。それだけ猪木さんは北朝鮮からも信頼されていることがわかりますよね。

アントニオ猪木が北朝鮮訪問することで拉致問題に進展はあるのか?

猪木さんが北朝鮮に行くことによって拉致問題は何か進展があるのでしょうか?

無所属のアントニオ猪木参院議員が6〜11日の日程で北朝鮮を訪問する見通しとなったことが分かった。9日の北朝鮮建国記念日行事などに出席する予定だ。複数の関係者が4日、明らかにした。日本人拉致問題が進展しない中で、議員外交によって事態打開の可能性を探る狙いがあるとみられる。

今回の訪朝は北朝鮮側が招待した。猪木氏は6日に日本を出発し、北京を経由して7日に平壌入りする。9日は建国記念日の式典に加え、朝鮮労働党の李洙ヨン副委員長主催のレセプションにも参加する方向。北朝鮮高官と個別に会談する可能性もある。11日に帰国する。

現実としては日本人拉致問題は進展が見られない状態が続いていて政府としても猪木さんには期待していることがわかります。

膠着状態が続いているので政府としてはなりふり構ってはいられない状態なのかもしれません。猪木さんには多くの期待が集まっています。

猪木さんは現在では北朝鮮からの信頼はかなり高いようで今回の訪問では北朝鮮高官と個別の面談があるそうなのでなんらかの成果を期待したいですね!

アントニオ猪木の名言まとめ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)