浅野忠信の父親は韓国人?事務所の社長?画像は?マネージャーだった?

Pocket

映画やドラマで大活躍中の、安定感を持った俳優、浅野忠信さん。

2018年9月には、土屋太鳳さんと芳根京子さんがW主演を果たす話題作、映画『累(かさね)』にも出演しています。そんなダンディな雰囲気を醸し出している浅野忠信さん。

スポンサーリンク

今回は、そんな浅野忠信さんの父親の噂を徹底解明。浅野忠信さんの父親は韓国人?画像はある?父親の仕事や付き人だったと噂のある加瀬亮まで、徹底解明します!

 

浅野忠信の父親・佐藤幸久は韓国人って噂は本当?

「浅野忠信さんの父親は韓国人ではないのか?!」との噂が出たのは、浅野忠信さん自身がクウォーターであることが原因のようです。浅野忠信さんは、母方の祖父がアメリカ人であるため、浅野忠信さん自身はアメリカと日本のクウォーター。

その祖父の血統は、北欧にルーツを持つアメリカ人であることをテレビ番組で過去調査されていました。

浅野忠信さんの父親である佐藤幸久さんの顔立ちを見て「韓国人ではないのか?」と推測したファンも多数いるようですが佐藤幸久さんは日本人であることがわかります。

浅野忠信さんがクウォーターなのは間違いありません。それがどこかでねじ曲がり、浅野忠信さんの父親である佐藤幸久さんの国籍に疑問を抱くファンが多くなったのかもしれません。

 

浅野忠信の父親の画像はある?鼻がデカいと噂?

そんな浅野忠信さんの父親である佐藤幸久さんは、芸能事務所『アノレ』の社長でもあります。ですので、芸能関係人の間では知っている人も多いのではないのでしょうか。浅野忠信さんの父親である佐藤幸久さんについて、「どんな顔なの?」「鼻がデカいって本当?」という噂も。

そんな浅野忠信さんの父親、佐藤幸久さんの顔がこちらです。

確かに、鼻が特徴的な顔立ちをしています。目元は浅野忠信さんにそっくりですね。

浅野忠信さんは、幼少時代父親の厳しい躾で育ったそうですが、そんなまじめで厳格な父親の表情を伺うことができます。

 

浅野忠信の父親の職業は芸能事務所『アノレ』の社長?

浅野忠信さんの父親は、元芸能事務所のマネージャーだったそうです。それを得て、浅野忠信さんの父親・佐藤幸久さんは、1996年に有限会社アノレ(ANOREINC.)を設立しました。

東京都渋谷区に構えられた事務所では、俳優・モデル・アーティストのマネジメントを行っています。

映画を中心に活躍する俳優が多く所属しています。設立者佐藤幸久の息子である浅野忠信さんをはじめ、多彩な俳優が所属しています。

代表的なのが以下の俳優です。

・浅野忠信

・新井浩文

・三浦貴大 など

息子の浅野忠信さんはもちろん、近年様々な話題作に出演中の新井浩文さんや、ドラマや雑誌などで活躍する三浦貴大さんらが所属しています。

また、過去に所属していた俳優は以下です。現在様々なジャンルで活躍している方が多数います。

・加瀬亮

・菊地凛子

・伊藤歩  など

ドラマ・映画『SPEC』やハリウッド映画でも大活躍の加瀬亮さんや、同じくハリウッドで活躍する菊地凛子さん、また『昼顔』で一躍その存在を世に知らしめた伊藤歩さんなど、売れっ子俳優ばかりです。

現在では20名前後の俳優が所属しています。

 

父親・佐藤幸久は浅野忠信のマネージャーでもあった?

先ほども述べたように、浅野忠信さんの父親、佐藤幸久さんは以前芸能事務所のマネージャーだったそうです。芸能事務所と言えば、お笑いやアイドル、アーティストなどの事務所が思い浮かびますね。

スポンサーリンク

実は、浅野忠信さんの父親、佐藤幸久さんは、以前石倉三郎さんのマネージャーだったのではないか?と言われています。

石倉三郎さんと言えば、俳優でもありコメディアンでもありタレントでもあるマルチの才能の持ち主。1965年に芸能活動を始めてから現在まで第一線で活躍している、日本の俳優界の重鎮です。

現在ではドラマ『下町ロケット』にも出演するなど活躍の場を見せています。そんな石倉三郎さんのマネージャーをしていたという浅野忠信さんの父親、佐藤幸久さん。

石倉三郎さんといえば、昔ビートたけしさんとバラエティー番組によく一緒に出てたイメージがあります。ですので、浅野忠信さんも石倉三郎さんのマネージャーである父・佐藤幸久さんに付いていき、番組の撮影現場によく行っていたそうです。

浅野忠信さんは、現在でもたけし軍団のファンのようです。

※たけし軍団の一員でもある東国原英夫さんが、以前テレビで「たけし軍団は解散した」との発言をしていました。

仲はいいけど、仕事が来ないのが原因だそうです。たけし軍団の大ファンである浅野忠信さんの驚いた表情が目に浮かびますね。

 

浅野忠信の父親の事務所に所属していた加瀬亮は浅野忠信の付き人だった?

浅野忠信さんの父親である佐藤幸久さんが設立した芸能事務所『アノレ』。現在所属している俳優さんだけではなく、過去に所属していた俳優さんも、現在第一線で活躍している方ばかりです。

そんな中、芸能事務所『アノレ』を語る上で欠かせない俳優さんがいます。それは現在では日本を代表する俳優にまで上り詰めた加瀬亮さんです。

2000年に芸能界デビューし、2018年に個人事務所『RYO KASE  OFFICE』を設立するまで、浅野忠信さんの父親、佐藤幸久さんが設立した芸能事務所『アノレ』に所属していました。

映画『それでもボクはやっていない』では、冤罪をなすりつけられた不運な青年を迫真の演技で演じ、その後北野武監督『アウトレイジ』シリーズに多数出演、ドラマ『SPEC』では特殊なスペックを持つ事件を正義感を持って解決していこうとする情熱刑事・瀬文を演じるなど幅広い演技で注目を集めています。

『硫黄島からの手紙』や『永遠の僕たち』などハリウッド映画にも多数出演。今後も活躍が期待できる俳優である加瀬亮さん。

そんな加瀬亮さん、実は浅野忠信さんの付き人だったことをご存知ですか?加瀬亮さんは、俳優の先輩である浅野忠信さんに憧れ、自ら芸能事務所『アノレ』に手紙を送ったそうです。

それがきっかけで浅野忠信さんの付き人をしていたようです。加瀬亮さんは自分で浅野忠信さんの所属事務所を調べ、手紙と履歴書を送付しました。

その後面接を経て、1998年に芸能事務所『アノレ』に所属。浅野忠信さんの付き人から始め、その後2000年にはスクリーンデビューをしました。今では日本の映画館に欠かすことのできない浅野忠信さんと加瀬亮さん。

2人にこのような過去があったとは驚きですね。

 

いかがでしたか?

今も映画やドラマでひっぱりだこの俳優・浅野忠信さん。そのダンディな雰囲気と迫力もあり、落ち着きも感じられる演技で、ファンを確立しています。

『マイティー・ソー』や『沈黙-サイレンス-』など数々の話題映画にも出演し、2017年には主演ドラマ『刑事ゆがみ』では白熱した演技を見せてくれた浅野忠信さん。

そんな浅野忠信さんの父親や父親が設立した事務所、付き人だった加瀬亮さんなどをご紹介してきましたが、いかがでしたか?浅野忠信さんの父親、佐藤幸久さんは、現在でも浅野忠信さんをはじめ様々な俳優さんが所属する芸能事務所『アノレ』の設立者です。

また、名脇役として知られている石倉三郎さんのマネージャーの経験がある、という意外な過去の持ち主でもありました。今後も佐藤幸久さんをはじめ、息子の浅野忠信さん、事務所に所属している俳優さんの活躍にも期待です!

浅野忠信の娘が想像通りの美女だった?!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)