高田純次の嫁・勢子とは?娘・高田裕子は障害あり?デザイナーをやってる?

Pocket

高田純次の嫁・勢子さんとはどんな人なのでしょうか?また、娘の高田裕子さんは障害があるとの噂や、デザイナーをしているという情報も詳しくまとめてみました!

高田純次の嫁・勢子ってどんな人?画像はある?

スポンサーリンク

高田純次さんは、現在はタレントとして活躍しています。

元々は、俳優志望で1971年「自由劇団」に入団されていました。そんな劇団員として活動されていた勢子さんと26歳の時に結婚されました。

残念ながら、詳しい情報などがなく、一般人ということもあり公開はされていませんでした。

しかし、高田純次さんの奥さんの名前は、2014年10月放送された「中居正広の金曜日のスマたちへ」に出演した際に、高田純次さんが自ら暴露された事により発覚されました。

なので名前は、高田勢子さんといいます。勢子さんの年齢は、高田純次さんの一つ下なので70歳になります。

そして勢子さんは、日本舞踊の師範免許を所得されている事から、日本舞踊の先生をされていると言われているそうです。1984年3月に放送していた洗濯用洗剤のCM「花王ソフトワンダフル」に夫婦で出演されていました!当時の勢子さんは、ショートカットがとてもよく似合う方で、ボーイッシュな雰囲気な感じがしますね。

テキトー男と呼ばれている高田純次さんの奥さんの勢子さんは、この優しく素敵な笑顔から想像ができるように心が広く、包容力がありそうな感じがします。そして気になる、高田純次さんと勢子さん馴れ初めは、こちらも残念ながら明らかになっていませんでした。

しかし、高田純次さんと勢子さんが同じ劇団員だったという噂があるなど、CMでも夫婦で出演された事から、「自由劇団」内で知り合った可能性が高いかもしれません。

そんな当時の高田純次さんは、俳優として駆け出しの頃は経済的に苦労をされたと思いますが、そんな時も高田純次さんは、プレゼントを欠かさずに用意されるなど、勢子さんへの優しさがあり惹かれていき、交際するキッカケになったのかもしれません。

そして、高田純次さんの劇団員時代の話がありました。

それは劇団員時代に、アルバイト先のロッカーに置いておいた1万円が無くなってしまった時のことです。

高田純次さんはその際、スタッフに対して「妻にクリスマスプレゼントを買うための一万円なんです。誰がやったなんて探さないので、僕がしばらく出ている間に戻しておいてください!」と涙を流し訴えかけたました。その結果は、なんと一万円がロッカーに戻ってきたそうです。

勢子さんを思いやる気持ちがとっても心から伝わってきますね!

 

高田純次の娘・高田裕子はどんな人?画像はある?

高田純次さんの娘の長女の高田裕子さんは、1976年生まれで現在42歳です。

先ほども書きましたが、「高田純次さんは夫婦でCMに出演していた」とありましたが、実は同じCMには高田純次さんの娘2人も共演されていました。なので家族CMというのが正しいですね!

そんなCMのストーリーは、とても仲のいい家族の様子が伝わり、微笑ましいCM作品となっています。高田純次さんのテキトー男とは違い、奥さんと娘さんの前では、良いお父さん感が出ており、とても素敵な姿になっています。

そして他にもまだあり、1985年に放送されたエバラ食品「黄金のタレ」のCMでも親子での共演もされていたことがわかりました。なので高田純次さんは娘さんと2回もCMで共演されていたということがわかりました。

他にもCMだけではなく、高田純次さんと高田裕子さんはレコードを一緒に出されております。「おふろのうた パパのうた」を出していました。そして情報によると、現在も高田純次さんが住まれている家に住んでいるそうです。

実家に住まれるほど、高田純次さんの家族はとても仲が良いことが感じられ、娘にとって居心地が良い家なのがわかりますね。

 

高田純次の娘・高田裕子は何処の学校に通っていた?

スポンサーリンク

高田裕子さんの学歴に関して調べると、文化服飾学院を卒業後されていました。

ちなみに、文化服飾学院を卒業された後は、イギリスへ留学され、ロンドンの「kei kagami Ltd」でデザイナーアシスタントとして、ミラノコレクションやロンドンコレクションに参加されました。

文化服装学院といえば、今もなおファッション業界において、第一線で活躍されているデザイナーを数多く輩出されている、ファッションスクールの最高峰とも呼ばれるほどです!

そんな高田裕子さんは文化服飾学院に通い、卒業された後には、留学されるほど、ファッションが好きなのがわかりますね!

 

高田純次の娘・高田裕子は障害があるとの噂は本当?

高田純次さんの娘さんの高田裕子さんと調べると、障害というキーワードが出てきます。

そしてネット上にも高田裕子さんに障害があると噂になっておりました。ですが、高田裕子さんのことを調べていくと、障害の噂は誤解であり違うことが分かりました。

それは、高田裕子さんと同姓同名の方で、漫画家が障害馬術を題材にされているマンガ「恋は突然に/ささやかな過ち」を出版されていました。

そして他にも、同姓同名の理学療法士の方が障害に対する活動報告記事をホームぺージに掲載されていましたので、その事から、高田純次さんの長女の高田裕子さんと間違えた人がおり、噂になり広がったと考えられます。

 

高田純次の娘・高田裕子はデザイナーをやってる?

高田純次さんの娘の高田裕子さんは、デザイナーをされています。

先ほども書きましたが、文化服飾学院を卒業後、イギリスへ留学され、ロンドンの「kei kagami Ltd」でデザイナーアシスタントとして、ミラノコレクションやロンドンコレクションに参加されました。

そこでたくさん経験をされました。そしてイギリスで活躍した後は、日本に帰国されます。
その後、高田裕子さん自身初の、レディースブランド「TAGE」(タージュ)をスタートされました。

そんな祐子さんが手がけている「TAGE」のレディースブランドは主に30代から40代の女性をターゲットにされたアイテムを扱っております。

そしてなぜ、高田純次さんの娘の高田裕子さんが、デザイナーである事が世間に知られたかと言うと、高田裕子さんは高田純次さんが父親であることを隠され活動していましたが、高田純次さんがテレビ番組で話してしまったため、今では有名になりました。

娘は高田純次の娘だっていうことを言いたくないらしくて郷ひろみの娘だっていうことにしているんだ」

と高田純次さんらしいコメントをされていました。

隠していた理由については、自ら一人の力で「TAGE」を軌道に載せたいという思いがあったそうです。

そこで高田裕子さんの「TAGE」について調べてみました。

「TAGE」を立上げる前には、2006年7月にハンドメイドをされていました。しかし驚くのが、当初は全てフルオーダーで、一着一着を全て高田祐子さん自身の手で作られていました。

そのハンドメイドのアイテムが反響を呼びこみ、人気になっていかれ、1年間で100着以上も作ることがざらにあったそうです。

しかしながら、嬉しいことでしたが、顧客全ての要望に応えられなくなってしまいそうな理由で、フルオーダーから工場委託にシフトすることを決心しまいました。
「TAGE」は2008年に生まれたブランドなのです。

「TAGE」のコンセプトは、
マニッシュ=甘すぎず上品で抜け感のあるアイテム

スポーティ=体の動きと一体感があり、なおかつ美しいパターン

クリーン=過度な装飾をせず、シャープで洗練されたデザイン

をコンセプトにされていました。

高田純次さんの娘の高田裕子さんについて調べて見て、ファッションに関しとても熱心な方で「TAGE」をたちあげる前のハンドメイドがあったからこそ、今現在もお客さんの要望に答えて進化されています。「TAGE」の作品は、今後も期待したいと思いました。

高田純次の若い頃がイケメン?

高田純次の名言まとめ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)