林家三平の初代の画像はある死因は?嫁は?つまらない?子供は誰?

Pocket

林家三平さんと言えば今や二代目の方が有名で現在ではテレビ番組の笑点でレギュラーとして活躍しています。
そんな二代目林家三平さんのお父さんが初代林家三平さんです。今回はそんな初代林家三平さんについて調べてみました!

林家三平の初代はどんな人だった?画像はあるの?

初代林家三平さんとはどのような人物だったんでしょうか?
本名は海老名泰一郎(えびなやすいちろう)。それまでの落語とは一線を画す破天荒な「三平落語」で人気者となり、爆笑王と呼ばれた噺家。「どうもスィマセーン!」「もぅ大変なんすから」「ヨシ子さ~ん」などの流行語を生み出した。終戦後、復員した後に噺家の道を目指し、父・七代目林家正蔵に入門。正蔵の病没後は、月の家圓鏡(後の七代目橘家圓蔵)の弟子となり、昭和33年に真打ちに昇進。その後、テレビや寄席を中心に爆発的な人気をはくす。昭和54年に脳内出血で倒れ、再起不能をささやかれながらも、壮絶なリハビリの末に高座に復活。しかし、翌年の昭和55年、肝臓がんに倒れ、9月20日に死去。享年54。
初代林家三平さんのお父さんも同じ落語家だったということで落語家一家の息子として生まれたんですね。
初代林家三平さんは父親と同じ道に進むことを決めていて父親のところにも弟子入りをしています。
現在では残念ながら亡くなっていますが当時の落語家としての能力は高いと評価されているようですね!

初代の林家三平は、1925年11月30日生まれ、そして1980年9月20日に、肝臓がんで亡くなっています。

東宝名人会専属だった7代目林家正蔵の息子として生まれた父は、1945年、戦争に徴兵された経験を持っています。

スポンサーリンク

復員した後、1946年に父の正蔵に入門し、芸名を、林家三平と付けられました。1952年に、妻の香葉子さんと結婚、1965年になると、テレビ「歌って踊って大合戦」で司会を務めるようになります。

息子の林家三平が笑点の新メンバーに選ばれた笑点には、1979年まで不定期に出演していました。

江戸落語の噺家として、粋を重んじるタイプの方だったそうですが、服装はいつも折り目正しく、高座に出るときは、必ず黒紋付袴で上がることで知られていました。

テレビに出演していた時は1960年代後半ということでほとんどの方は実際には見たことがないかもしれません。

あの笑点にも出ていたこともあってテレビの司会もしたことがありました。落語は粋を重んじるタイプだったようでその落語に臨む姿勢が評価されているようですね。

 

初代・林家三平の子供は誰?

それでは初代林家三平さんの子供は何人いるのでしょうか?
長女海老名美どり(峰竜太夫人)、次女泰葉(春風亭小朝元夫人)、長男は9代目林家正蔵(前名:林家こぶ平)。次男(前名:林家いっ平)が2代目を継いだ
子供は全部で四人いて全員が現在では名の知れた人物でそうそうたる顔ぶれですよね。性別は女の子が二人で男の子が二人であることから女性は落語の世界には進めないしきたりとなっていますから落語家にはなれませんでしたが芸能人と結婚をしました。
二人の息子たちはお父さんが初代林家三平さんということで大人物であることから長男は現在では林家こぶ平さんにとってはおじいちゃんに当たる林家正蔵さんの9代目を襲名していて次男の林家いっ平さんはお父さんの林家三平さんの二代目を襲名しています。

 

初代・林家三平の弟子は誰?

それでは初代林家三平さんの弟子たちはいったい誰だったのでしょうか?

林家珍平

林家こん平

三升家勝二(現:8代目三升家小勝)

林家ペー

林家クーペ

林家大平

林家ぎん平

林家パー子

林家源平

林家種平

林家かん平

林家ペタ子(タレント、東京演芸協会所属)

林家ライス・カレー子(夫婦漫才)

9代目林家正蔵 (実子、長男泰孝)

林家鉄平

林家英平(漫談家・司会者、東京演芸協会所属)

林家しん平

林家錦平

林家のん平

林家とんでん平

スポンサーリンク

林家らぶ平(現在は一門を離れ落語家らぶ平として活動している)

聞いたことがある大御所たちが多くいますよね!特に自分の息子さんである長男の林家こぶ平さんは実際にお父さんのところに弟子入りをしていてその時には普段とは全く違った様子を見せていて弟子と師匠という厳しい姿に代わっていてびっくりしたと明かしていました。

 

初代・林家三平は笑点に出演した?

初代林家三平さんはあの笑点に出演したことはあるのでしょうか?
1967年、日本テレビ「笑点」師弟大喜利、鶴亀大喜利、演芸コーナーに出演。以後、1979年まで不定期に出演。私生活では家を新築。
実は出演したことはあってレギュラーメンバーではありませんでしたが不定期に出演していました。出演していたのは1967年から1979年の12年間ということですからすごいことだと思います。

 

初代・林家三平の死因は?

初代林家三平さんは既に亡くなっていますがその死因はなんだったのでしょうか?
落語の世界では芸がこれから円熟すると言われる50代半ばで肝臓癌によって早世してしまった三平さんですが、ベッドの上にあっても亡くなる数時間前まで、新聞や週刊誌から面白いネタや情報を仕入れようとしていたと言われています。
肝臓がんということで年齢も54歳となっていますから一般的にはかなり早いですよね。実は初代林家三平さんは亡くなる一年前に脳内出血で倒れていてこの時はリハビリの末に一度復帰したんですが今度はその一年後に肝臓がんで亡くなっているということでさすがに続けざまに今度はがんとなると頑張る気力も段々と無くなっていってしまったのではないでしょうか?

 

初代・林家三平の嫁は誰?

初代林家三平さんの嫁は誰なんでしょうか?

海老名 香葉子(えびな かよこ、1933年10月6日 – 、84歳、本名:海老名 嘉代子、旧姓:中根)は、日本のエッセイスト、絵本作家、作家。株式会社ねぎし事務所代表取締役。

初代林家三平の妻として、夫の死後も一門の中心として活動する。

海老名香葉子さんは現在でも生きていて事務所の代表をしているなど精力的に活動を続けているようです。初代林家三平さんの旦那さんが亡くなった後は必死になって一門の活動を支え続けてきました!

林家三平の妻。父は東京・本所の釣り竿屋「竿忠」の職人。東京大空襲で肉親を亡くし、兄・喜三郎と共に戦災孤児となった。その後、噺家の三代目三遊亭金馬に引き取られる。 昭和27年、三平と結婚。姑の歌とともに3人での暮らしが始まる。まだ駆け出しの噺家・三平を思う歌の方針から、夫・三平を「おにいさん」と呼び、妻であることは三平が真打ちになるまで伏せられていた。 三平が真打ちになった後も、なぜか一向に楽にならない家計を助けるために日々、内職に追われる。
実は嫁も同じ落語家関係の方だったんですね!両親を亡くした後は三代目三遊亭金馬さんに引き取られています。
三平さんと出会ったのは必然でもあるんですね。

 

初代・林家三平はつまらないとの声が?落語の実力は?

初代林家三平さんはつまらないのでは?といわれているようですが…

三平が一世を風靡していた頃、テレビではトニー谷が大活躍し、「シャボン玉ホリデー」が茶の間の話題をさらっていました。

映像はおそらく無理でしょうが、音だけならいまでも聴けるかもしれません。ただ、いまの人たちの多くは、笑えないでしょうね。

ギャグのレベルが低いからではなく、聴く側のレベルが低いからです。

まあ、そういうわけで、三平をどう評価なさるかはもちろん人それぞれ自由になさればよいのですが、三平の古典も知らないし当時のバラエティのことも知らない、それで昔のギャグセンス云々と言及するのはあまりにも短慮である、と申し上げておきます。

現在では聞く方のレベルがかなり落ちているためにそのように感じてしまうのも仕方がないのかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)