中川翔子のマミタスが死んだ?死因は?画像有?ブログで報告?年齢はいくつだった?

Pocket

タレントの中川翔子さんの愛猫「マミタス」、一部では虐待?などの噂もありました。今回はマミタスのプロフィールや死因について考えてみました!

 

中川翔子のマミタスのプロフィール!

タレント、歌手、アーティスト、声優、ナレーター、女優など多彩な才能でご活躍を見せるタレント中川翔子さん。可愛いのに実はアニメオタクだったりコスプレ好きだったりと、そのギャップは女性を中心にファンが多い事で知られております。

スポンサーリンク

中川翔子さんの飼っていたネコのマミタスは、2004年4月8日生まれの女の子です。種類はキジトラ(雑種)で、とても愛くるしい表情が話題になり、たくさんの人に親しまれていました。

中川翔子さんが運営しているブログでもたびたび登場し、日本一有名なタレント猫と言っても過言ではないでしょう。ブログのコンテンツとして「愛猫ランキング」というのがあります。

マミタスはその人気ランキングで数年連続No.1に輝くほどの人気がありました!中川翔子さんがマミタスと出会ったのは、彼女が高校生の頃になります。高校時代の友人から譲り受けたことが始まりです。

中川翔子さんは、

マミタスと出会った頃の私は人生のどん底で、いつも「消えたい」とネガティブなことばかり考えていましたが、マミタスは私を支え、愛をくれました。毎朝起こしてくれたり、何かをくわえてもってきてプレゼントをくれたり…。

マミタスに出会って運命が変わり、そのおかげで生きるのが楽しくなったんです。

と話していました。ちなみに、マミタスの名前の由来は、「魔法の天使クリィミーマミ」から名前を取り、魔法で可愛くなるようにと、願いを込めて、マミタスとつけたそうです!

 

中川翔子のマミタスが死んだ?死因は?

我が子のように可愛がっていたマミタスですが、別れは突然やってきます。

2017年9月19日に中川翔子さんが飼っていた愛猫マミタスが亡くなりました。朝起きた時にはすでに旅立っていた。

と言われています。詳しい原因については、わからないようです。

しかし、「マミタスはかなり肥満気味であった。」と言われており、それが原因ではないかとも推測されています。人間でも肥満だと長生きできないと言われていますので、猫も同じなのかもしれません。

調べてみると、

猫の肥満は、捻挫や椎間板ヘルニア・関節炎といった関節や筋肉への負担はもちろん、心臓や呼吸器への負担も大きくなります。また、糖尿病のリスクも高くなり、健康を損なってしまう可能性が高くなります。

とありました。突然の死ということだったので、もしかしたら、心臓への負担が増えすぎてしまったのかもしれません。

スポンサーリンク

 

中川翔子のマミタスの年齢はいくつだった?

2017年4月で13歳を迎えたマミタスは、人間で言うと68歳という老猫期になる年齢です。老猫期に当てはまる、7歳ごろから猫は老化が始まり、病気にもかかりやすくなります!

飼い猫の平均寿命は15年(76歳)だそうです。日本人の平均寿命から考えると短いです。そして、野良猫はさらに短く、約4年ほどだと言います。

最愛の猫の死は、考えたくないことですが必ず訪れることなので、後悔の無い別れをしたいですね!

 

中川翔子がマミタスについてブログで報告した?

中川翔子さんはブログとSNSを通し、マミタスの急死を報告をしました。

「九月十九日、最愛のマミタスが急死しました。寝ていると思ったら息をしていませんでした。原因も理由もわからず、受け止めることもできませんでした。マミタスはいつも側にいて沢山の愛をくれました。皆様にもマミタスに沢山愛をいただいたこと感謝致します。」

中川翔子さんは愛猫について、

「私にとって猫は、無償の愛をくれて、どんなときも人生を照らし、導いてくれる存在」

と話している事から、突然の死に中川翔子さんは落ち込み、中川翔子さんとマミタスの間ではかけがえのない存在だったことがわかります。

 

中川翔子はマミタスをよく食べる?

中川翔子さんは愛猫家だけにあり、ブログやSNSで自身が飼っている猫を食べる姿を投稿しています。「食べちゃいたいくらい愛しい」なんてよく我が子に対して使う言葉ですが、実際に食べる人はいませんよね。

ですが、愛猫を好きすぎて食べちゃう人が中川翔子さんなんです。その際、ファンからはいいことばかりの言葉だけじゃなく、批判の言葉も言われております。

一部を抜粋して書いていきます。

中川翔子さんが今回行った、お別れ会には、なんと献花料の名目で”参加費500円”が徴収されていました。芸能人のお葬式だって参列者から「参加費」を徴収したりせません。

それに広くファンに悼んでもらうことを考えれば平日の昼間にやらないし、場所代の高い表参道でナベプロ仕切りでやる必要もない。これには、多くの愛猫家がSNSで「ペットの死を商売にするな」

と怒りの声もありました。マミタスはとても有名な猫だけであって中川翔子さんにとってはパートナー的な存在でした!

なので、お別れ会も色々な方に見届けて欲しかったと思っての行動なのではないでしょうか?

中川翔子の父親は大物!?

中川翔子こと、しょこたんの母親が超美人!?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)