石川佳純がラケット変更?ラバーも?ラケットケースも話題に?

Pocket

石川佳純さんは卓球の女子日本代表のエースとしてメディアからも注目されている存在です。そんな石川佳純さんがNHKのプロフェッショナルという番組に出演していてラケットのこだわりようが凄いと話題となりました!
そこで今回は石川佳純さんが使っているラケットについて調べていきたいと思います!

石川佳純がラケットを変更した?

石川佳純さんはこれまで使っていたラケットを変更したようです!

スポンサーリンク

石川佳純選手がラケット変更に踏み切るきっかけは2017年1月の全日本卓球選手権大会で後輩である平野選手に完敗したことからのようです。平野選手の高速卓球にまったくついていくことができずそこから「今までのプレースタイルでは勝てない!変わらなければ!」と考え方を変えて、行動も変えていったようです。

まずはラケットを変えて、より遠くにボールを送るためにラケットラバーも変更!そうすると当然、ラケットの性質に合わせてフォームの改造もしなければならないわけです。

女王の座まで登りつめ、完成していたフォーム、プレースタイルを一から作り直さなければならないという状況に自分を追い込んでいく姿が鬼気迫るものがあります。すごい勇気のいる決断だったと思いますね。

この悪戦苦闘する状況が2018年1月15日放送のNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」で石川佳純選手の密着取材で明らかにされています。番組をみると彼女の苦悩の表情が痛々しい感じです。

ラケットを変えた理由は試合での負けでした。そこからプレースタイルやラケットの変更へ踏み切ることを決断したようです。

卓球選手にとってラケットを変えるというのは大変なことでプレースタイルにも影響が及んでしまうんですね。

変えるとしても最初のうちは何が正解かわからないので石川佳純さんにとっても相当、悩まれたんだと思います。

 

石川佳純が変更した新しいラケットはスティガ?

そうして変更したラケットはどういったものだったんでしょうか?

スピードの中にも威力を出すために従来の100%木材のラケットの使用を取りやめます。特殊素材ラケットに切り替えたのですが、そのラケットはスティガのカーボネード45のようです。

スティガとはスウェーデンに本社を置き、70年以上の歴史を持つこの会社。卓球界ではかなり有名とのこと。2017年に日本に上陸し、日本卓球界でも話題となりました。

そのスティガから石川選手が選んだラケットは中国トップ選手が最近になって使用しているものと同じ、薄いカーボン素材が入ったラケットです。

これにより、より早く正確なショットがうてるようになったとのことです。

より最新な素材にしたんですね。中国のトップ選手が使っているということで性能は間違いはないと思います。

100%木材のラケットから特殊素材ラケットに変えたということで石川佳純さんは木材にそうとうこだわりがあったのではないでしょうか?
試合に負けてそれを変えてまで今までの考えを変えたということですからそれだけ追い詰められていたんだと思います。

 

石川佳純の使用するラケットはビスカリア(バタフライ)じゃないの?

では石川佳純さんのラケットは具体的にはどういったものなのか興味がありますね。

石川佳純選手の手元なのですが…ラケットが変わっています!

全日本選手権では今まで通りインナーのラケットであるインナーフォースレイヤーALCを使用していたのですが、このラケットは同じALCではありますが、アウターのラケットであるビスカリアです!

このラケットは世界選手権連覇を達成している張継科選手が長きにわたり使用しているラケットです!実は早田選手も今大会からこのラケットに変更していました!!

石川選手、早田選手の共通点と言えば…やはりフォア面の中国ラバー!この中国ラバーとより相性の良いラケットを模索する中で辿り着いたのでしょう!

中国国内では中国ラバーとの相性、そして先述の張選手の影響もあり、かなり沢山の選手が使用しているようです!

今回のこの放送で、きっと日本でもビスカリアの需要が爆発的に増えるでしょう…が、困ったことが!実はこのラケット、日本では販売が終了しているのです…。

スポンサーリンク

海外で買い付けたものを個人的に販売している方は多いようですが、需要によって価格も上がりやすくやはり入手は簡単ではありません!

ラケットは中国選手が使ったいるものに変えています。ただ問題なのは日本では現在ではまだこのラケットは販売はされていなくて個人が海外で買い付けたものを売っているという状態です。

その為に値段も普通のラケットよりは高額になっているものが多いようです。

それだけ石川佳純さんもこだわりぬいてこのラケットに決めたんでしょうね!

 

石川佳純はラバーは何を使っているの?

ではラケットの具体的な部分を見ていくとしてラバーは何を使っているのでしょうか?

「キョウヒョウ3のブルースポンジ」だと思われます。様々なタイプがあるようですが、そこまでは不明です。ここ数年、日本の女子選手も使われ始めている「キョウヒョウブルースポンジ」。

トップ選手だと、早田ひな選手がラケット:劉詩文 フォア:キョウヒョウブルースポンジ バック:テナジーの構成で使っていますね!あとカットの橋本選手も確か、つかっていますよね。

ついに、石川選手も粘着ラバーに変更しましたね!これはかなり楽しみな用具変更です。男子のトップにもにも粘着ラバーに変更選手が出て来ても面白いと思うのですが・・・(大島選手が以前試していたようですが、現在はテナジー)

やはり中国のパワーボールに対抗する為に用具の変更は面白いです。

石川佳純さんクラスになると世界を見据えて道具も変えてきますね。粘着ラバーに変えたということで実際にプレーする感覚も違ってくるのではないでしょうか?

ただ石川佳純さんが使っているキョウヒョウ3のブルースポンジは日本ではまだそこまで使われていないようです。

石川佳純さんが使うということで日本でも今後は増えてくるかもしれませんね!?

 

石川佳純が使っているラバーはブルースポンジ?

石川佳純さんが使っているラバーはブルースポンジです。

石川選手がブルースポンジに変えたようですね!!フォア面をキョウヒョウのブルースポンジに変えたようです。

石川選手がなぜキョウヒョウに変えたのか?あるいはなぜ、試しているのか?おそらくなんですが石川選手は何か変化をつけたい。という気持ちの表れだったのではないでしょうか?

ブルースポンジに変えた理由はやはり試合に負けたということでこれまでとは何か変えたということで変える決断を下したんだと思います。

石川佳純さんが強い理由はこういった迅速で素早い決断力も理由の一つなんだと思います。

 

石川佳純のラケットケースが話題に?

さらに石川佳純さんが使っているラケットケースも話題となっています!

ことの起こりは2017年世界選手権に向かう前の空港でのインタビューの際に石川選手のラケットケースに松岡修造シールがはられており、思わず記者から質問が飛んだことから話題となりました。

前日に荷造りをした際、見つけた松岡修造シールの「君ならできる!」シールをラケットケースに貼った。「試合前に見て元気をもらいたかった。自分を励ますつもり」と答え話題になりました。

松岡修造さんの熱いゲキはやはり、どんな人にもエネルギーを与えてくれるんですね!

なんと元テニス選手の松岡修造さんのシールを貼っているんですね!メンタル面も考えて道具を活用していてさすがですね。

石川佳純が退場処分?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)